Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 充血(じゅうけつ、hyperemia)とは病気やケガ、手術など、その他様々な要因によって、毛細血管などの末梢の血管が拡張して、そこに動脈性の血液の流入が増加した状態を示す。広義には静脈性の血液が増加した状態を示すうっ血(うっけつ、congestion)も定義に含まれる。その多くが可逆性であり、原因がなくなれば消失する、又、一般的に臓器障害は少ないが、頭痛、浮腫、出血を起こすことがある。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 557328 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 585 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 11 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55533108 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 充血(じゅうけつ、hyperemia)とは病気やケガ、手術など、その他様々な要因によって、毛細血管などの末梢の血管が拡張して、そこに動脈性の血液の流入が増加した状態を示す。広義には静脈性の血液が増加した状態を示すうっ血(うっけつ、congestion)も定義に含まれる。その多くが可逆性であり、原因がなくなれば消失する、又、一般的に臓器障害は少ないが、頭痛、浮腫、出血を起こすことがある。
rdfs:label
  • 充血
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of