元(げん)は、中東アジアから東ヨーロッパまで広大な領域にまたがったモンゴル帝国の後裔の一国であり、そのうち中国本土とモンゴル高原を中心領域として、1271年から1368年まで東アジアと北アジアを支配したモンゴル人が建てた征服王朝である。 正式国号は大元(だいげん)で、ほかに元朝(げんちょう)、元国(げんこく)、大元帝国(だいげんていこく)、元王朝(げんおうちょう)とも言う。モンゴル人のキヤト・ボルジギン氏が建国した征服王朝で、国姓は「奇渥温」である。伝統的な用語上では、「中国を征服したモンゴル帝国が南北に分裂した内紛を経て、正統な中華帝国になった国」というように認定されたが、視点によって「元は中国ではなく、大元ウルスと呼ばれるモンゴル遊牧民の国」と、様々な意見もある。 中国王朝としての元は唐崩壊(907年)以来の中国統一王朝であり、大都(現在の北京)から中国とその冊封国やモンゴル帝国全体を支配し明(1368年 - 1644年)に追われて北元になってからはモンゴル高原に戻った。中国歴代征服王朝(遼・金・清など)の中でも元だけが「政治制度・民族運営は中国漢民族の伝統体制に同化されず、モンゴル帝国から受け継がれた遊牧国家の特有性も強く持つ」のような統治法を行った。一方、後述するように行政制度や経済運営の特徴は南宋の仕組みをほぼそのまま継承している。

Property Value
dbo:abstract
  • 元(げん)は、中東アジアから東ヨーロッパまで広大な領域にまたがったモンゴル帝国の後裔の一国であり、そのうち中国本土とモンゴル高原を中心領域として、1271年から1368年まで東アジアと北アジアを支配したモンゴル人が建てた征服王朝である。 正式国号は大元(だいげん)で、ほかに元朝(げんちょう)、元国(げんこく)、大元帝国(だいげんていこく)、元王朝(げんおうちょう)とも言う。モンゴル人のキヤト・ボルジギン氏が建国した征服王朝で、国姓は「奇渥温」である。伝統的な用語上では、「中国を征服したモンゴル帝国が南北に分裂した内紛を経て、正統な中華帝国になった国」というように認定されたが、視点によって「元は中国ではなく、大元ウルスと呼ばれるモンゴル遊牧民の国」と、様々な意見もある。 中国王朝としての元は唐崩壊(907年)以来の中国統一王朝であり、大都(現在の北京)から中国とその冊封国やモンゴル帝国全体を支配し明(1368年 - 1644年)に追われて北元になってからはモンゴル高原に戻った。中国歴代征服王朝(遼・金・清など)の中でも元だけが「政治制度・民族運営は中国漢民族の伝統体制に同化されず、モンゴル帝国から受け継がれた遊牧国家の特有性も強く持つ」のような統治法を行った。一方、後述するように行政制度や経済運営の特徴は南宋の仕組みをほぼそのまま継承している。 (ja)
  • 元(げん)は、中東アジアから東ヨーロッパまで広大な領域にまたがったモンゴル帝国の後裔の一国であり、そのうち中国本土とモンゴル高原を中心領域として、1271年から1368年まで東アジアと北アジアを支配したモンゴル人が建てた征服王朝である。 正式国号は大元(だいげん)で、ほかに元朝(げんちょう)、元国(げんこく)、大元帝国(だいげんていこく)、元王朝(げんおうちょう)とも言う。モンゴル人のキヤト・ボルジギン氏が建国した征服王朝で、国姓は「奇渥温」である。伝統的な用語上では、「中国を征服したモンゴル帝国が南北に分裂した内紛を経て、正統な中華帝国になった国」というように認定されたが、視点によって「元は中国ではなく、大元ウルスと呼ばれるモンゴル遊牧民の国」と、様々な意見もある。 中国王朝としての元は唐崩壊(907年)以来の中国統一王朝であり、大都(現在の北京)から中国とその冊封国やモンゴル帝国全体を支配し明(1368年 - 1644年)に追われて北元になってからはモンゴル高原に戻った。中国歴代征服王朝(遼・金・清など)の中でも元だけが「政治制度・民族運営は中国漢民族の伝統体制に同化されず、モンゴル帝国から受け継がれた遊牧国家の特有性も強く持つ」のような統治法を行った。一方、後述するように行政制度や経済運営の特徴は南宋の仕組みをほぼそのまま継承している。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 13713 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 36861 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81253546 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --07-22
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:亡国時期
  • 1368 (xsd:integer)
prop-ja:人口値
  • 58834711 (xsd:integer)
  • 73873000 (xsd:integer)
  • 79816000 (xsd:integer)
  • 87147000 (xsd:integer)
prop-ja:人口測定時期
  • 1290 (xsd:integer)
  • 1293 (xsd:integer)
  • 1330 (xsd:integer)
  • 1350 (xsd:integer)
prop-ja:位置画像
  • Yuan Dynasty 1294.png (ja)
  • Yuan Dynasty 1294.png (ja)
prop-ja:位置画像説明
  • 元の版図(1294年) (ja)
  • 元の版図(1294年) (ja)
prop-ja:元首等年代始
  • 1260 (xsd:integer)
  • 1333 (xsd:integer)
prop-ja:元首等年代終
  • 1294 (xsd:integer)
  • 1370 (xsd:integer)
prop-ja:元首等氏名
prop-ja:元首等肩書
  • [[#元の皇帝 (ja)
  • [[#元の皇帝 (ja)
prop-ja:先代
  • モンゴル帝国 (ja)
  • 南宋 (ja)
  • モンゴル帝国 (ja)
  • 南宋 (ja)
prop-ja:公式国名
  • ''' (ja)
  • ''' (ja)
prop-ja:公用語
prop-ja:国旗幅
  • 150 (xsd:integer)
prop-ja:国旗縁
  • no (ja)
  • no (ja)
prop-ja:変遷
prop-ja:変遷年月日
  • 1274 (xsd:integer)
  • 1277 (xsd:integer)
  • 1288 (xsd:integer)
  • 1351 (xsd:integer)
  • 1368 (xsd:integer)
  • --03-19
  • --12-18
prop-ja:建国時期
  • 1271 (xsd:integer)
prop-ja:日本語国名
  • 大元 (ja)
  • 大元 (ja)
prop-ja:次代
  • 北元 (ja)
  • (ja)
  • (ja)
  • パクモドゥパ政権 (ja)
  • 韓林児 (ja)
  • 北元 (ja)
  • (ja)
  • (ja)
  • パクモドゥパ政権 (ja)
  • 韓林児 (ja)
prop-ja:次旗
  • Left-facing dragon pattern on Wanli Emperor's imperial robe.svg (ja)
  • Snow Lion.svg (ja)
  • Left-facing dragon pattern on Wanli Emperor's imperial robe.svg (ja)
  • Snow Lion.svg (ja)
prop-ja:次旗2縁
  • no (ja)
  • no (ja)
prop-ja:注記
  • クビライ家皇統は1388年まで存続。北走後も1635年まで北元として存続。 (ja)
  • クビライ家皇統は1388年まで存続。北走後も1635年まで北元として存続。 (ja)
prop-ja:現在
  • (沿海地方) (ja)
  • (沿海地方) (ja)
prop-ja:略名
  • (ja)
  • (ja)
prop-ja:通貨
prop-ja:面積値
  • 11000000 (xsd:integer)
  • 13720000 (xsd:integer)
prop-ja:面積測定時期
  • 1310 (xsd:integer)
  • 1330 (xsd:integer)
prop-ja:首相等年代始
  • 1264 (xsd:integer)
  • 1340 (xsd:integer)
prop-ja:首相等年代終
  • 1282 (xsd:integer)
  • 1355 (xsd:integer)
prop-ja:首相等氏名
prop-ja:首相等肩書
prop-ja:首都
dct:subject
rdfs:comment
  • 元(げん)は、中東アジアから東ヨーロッパまで広大な領域にまたがったモンゴル帝国の後裔の一国であり、そのうち中国本土とモンゴル高原を中心領域として、1271年から1368年まで東アジアと北アジアを支配したモンゴル人が建てた征服王朝である。 正式国号は大元(だいげん)で、ほかに元朝(げんちょう)、元国(げんこく)、大元帝国(だいげんていこく)、元王朝(げんおうちょう)とも言う。モンゴル人のキヤト・ボルジギン氏が建国した征服王朝で、国姓は「奇渥温」である。伝統的な用語上では、「中国を征服したモンゴル帝国が南北に分裂した内紛を経て、正統な中華帝国になった国」というように認定されたが、視点によって「元は中国ではなく、大元ウルスと呼ばれるモンゴル遊牧民の国」と、様々な意見もある。 中国王朝としての元は唐崩壊(907年)以来の中国統一王朝であり、大都(現在の北京)から中国とその冊封国やモンゴル帝国全体を支配し明(1368年 - 1644年)に追われて北元になってからはモンゴル高原に戻った。中国歴代征服王朝(遼・金・清など)の中でも元だけが「政治制度・民族運営は中国漢民族の伝統体制に同化されず、モンゴル帝国から受け継がれた遊牧国家の特有性も強く持つ」のような統治法を行った。一方、後述するように行政制度や経済運営の特徴は南宋の仕組みをほぼそのまま継承している。 (ja)
  • 元(げん)は、中東アジアから東ヨーロッパまで広大な領域にまたがったモンゴル帝国の後裔の一国であり、そのうち中国本土とモンゴル高原を中心領域として、1271年から1368年まで東アジアと北アジアを支配したモンゴル人が建てた征服王朝である。 正式国号は大元(だいげん)で、ほかに元朝(げんちょう)、元国(げんこく)、大元帝国(だいげんていこく)、元王朝(げんおうちょう)とも言う。モンゴル人のキヤト・ボルジギン氏が建国した征服王朝で、国姓は「奇渥温」である。伝統的な用語上では、「中国を征服したモンゴル帝国が南北に分裂した内紛を経て、正統な中華帝国になった国」というように認定されたが、視点によって「元は中国ではなく、大元ウルスと呼ばれるモンゴル遊牧民の国」と、様々な意見もある。 中国王朝としての元は唐崩壊(907年)以来の中国統一王朝であり、大都(現在の北京)から中国とその冊封国やモンゴル帝国全体を支配し明(1368年 - 1644年)に追われて北元になってからはモンゴル高原に戻った。中国歴代征服王朝(遼・金・清など)の中でも元だけが「政治制度・民族運営は中国漢民族の伝統体制に同化されず、モンゴル帝国から受け継がれた遊牧国家の特有性も強く持つ」のような統治法を行った。一方、後述するように行政制度や経済運営の特徴は南宋の仕組みをほぼそのまま継承している。 (ja)
rdfs:label
  • 元 (王朝) (ja)
  • 元 (王朝) (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:birthPlace of
is dbo:isPartOfMilitaryConflict of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:combatant of
is prop-ja:conflict of
is prop-ja:eponym of
is prop-ja:imageCaption of
is prop-ja:nationality of
is prop-ja:result of
is prop-ja:yearCompleted of
is prop-ja:yuan of
is prop-ja:変遷 of
is foaf:primaryTopic of