Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 元日節会(がんじつのせちえ)は、 古来の正月行事の一つ。1月1日、朝賀の後に天皇が大極殿、豊楽院(後に紫宸殿)、豊明殿などに出御し、臣や公家の皆々に宴をさせる。奈良時代の初期、霊亀2年(716年)元正天皇の治世には行われていたとされている。朝廷でも重要な儀式の一つとされ、応仁の乱の開始から延徳2年(1490年)に再興されるまでの約30年間中断された他は、明治維新まで継続して行われた。明治時代からは1月5日の新年宴会となり、戦後は、1月1日の「新年祝賀の儀」となった。新年祝賀の儀は、日本国憲法第7条に定める国事行為の一つである。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 40269 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 631 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 26 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48447079 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 元日節会(がんじつのせちえ)は、 古来の正月行事の一つ。1月1日、朝賀の後に天皇が大極殿、豊楽院(後に紫宸殿)、豊明殿などに出御し、臣や公家の皆々に宴をさせる。奈良時代の初期、霊亀2年(716年)元正天皇の治世には行われていたとされている。朝廷でも重要な儀式の一つとされ、応仁の乱の開始から延徳2年(1490年)に再興されるまでの約30年間中断された他は、明治維新まで継続して行われた。明治時代からは1月5日の新年宴会となり、戦後は、1月1日の「新年祝賀の儀」となった。新年祝賀の儀は、日本国憲法第7条に定める国事行為の一つである。
rdfs:label
  • 元日節会
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of