元寇(げんこう)とは、日本の鎌倉時代中期に、当時モンゴル高原及び中国大陸を中心領域として東アジアと北アジアを支配していたモンゴル帝国(元朝)およびその属国である高麗によって2度にわたり行われた対日本侵攻の呼称である。1度目を文永の役(ぶんえいのえき・1274年)、2度目を弘安の役(こうあんのえき・1281年)という。蒙古襲来とも。 特に2度目の弘安の役において日本へ派遣された艦隊は、当時世界最大規模の艦隊であった。 主に九州北部が戦場となった。

Property Value
dbo:abstract
  • 元寇(げんこう)とは、日本の鎌倉時代中期に、当時モンゴル高原及び中国大陸を中心領域として東アジアと北アジアを支配していたモンゴル帝国(元朝)およびその属国である高麗によって2度にわたり行われた対日本侵攻の呼称である。1度目を文永の役(ぶんえいのえき・1274年)、2度目を弘安の役(こうあんのえき・1281年)という。蒙古襲来とも。 特に2度目の弘安の役において日本へ派遣された艦隊は、当時世界最大規模の艦隊であった。 主に九州北部が戦場となった。 (ja)
  • 元寇(げんこう)とは、日本の鎌倉時代中期に、当時モンゴル高原及び中国大陸を中心領域として東アジアと北アジアを支配していたモンゴル帝国(元朝)およびその属国である高麗によって2度にわたり行われた対日本侵攻の呼称である。1度目を文永の役(ぶんえいのえき・1274年)、2度目を弘安の役(こうあんのえき・1281年)という。蒙古襲来とも。 特に2度目の弘安の役において日本へ派遣された艦隊は、当時世界最大規模の艦隊であった。 主に九州北部が戦場となった。 (ja)
dbo:casualties
  • 13500 (xsd:integer)
  • 20000 (xsd:integer)
  • 84000 (xsd:integer)
dbo:combatant
  • *九州の地頭・御家人
  • 20pxモンゴル帝国(元朝)
  • 20px鎌倉幕府
  • 20px高麗
  • モンゴル帝国(元朝)
  • 主に九州の地頭・御家人
dbo:description
  • 『蒙古襲来絵詞』より文永の役の鳥飼潟の戦い (ja)
  • 弘安の役の御厨海上合戦(『蒙古襲来絵詞』) (ja)
  • 『蒙古襲来絵詞』より文永の役の鳥飼潟の戦い (ja)
  • 弘安の役の御厨海上合戦(『蒙古襲来絵詞』) (ja)
dbo:isPartOfMilitaryConflict
dbo:opponents
dbo:place
dbo:result
  • モンゴル帝国(元朝)・高麗連合軍の撤退
  • モンゴル帝国(元朝)・高麗連合軍の壊滅
  • 日本勝利
dbo:strength
  • :総数 140,000〜156,989人および江南軍水夫
  • :兵力不明
  • :兵船300余艘
  • :総数 27,000〜39,700人
  • :軍船 4,400艘
  • :軍船 726〜900艘
  • 六波羅派遣軍 60,000余騎
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 34251 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 184875 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81518519 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:battleName
  • 元寇・弘安の役 (ja)
  • 元寇・文永の役 (ja)
  • 元寇・弘安の役 (ja)
  • 元寇・文永の役 (ja)
prop-ja:caption
  • 『蒙古襲来絵詞』より文永の役の鳥飼潟の戦い (ja)
  • 弘安の役の御厨海上合戦(『蒙古襲来絵詞』) (ja)
  • 『蒙古襲来絵詞』より文永の役の鳥飼潟の戦い (ja)
  • 弘安の役の御厨海上合戦(『蒙古襲来絵詞』) (ja)
prop-ja:casualties
  • 20000 (xsd:integer)
  • 84000 (xsd:integer)
  • ''' (ja)
  • :'''不帰還者 (ja)
  • :'''捕虜 (ja)
  • :不帰還者 13,500余人 :座礁船 約150艘 (ja)
  • :不明 指揮官 (ja)
  • :指揮官 (ja)
  • :総損害 (ja)
prop-ja:combatant
prop-ja:commander
  • :執権 北条時宗 博多 (ja)
  • :執権 北条時宗 総司令官 (ja)
  • :皇帝 クビライ(忽必烈) 総司令官 (ja)
  • 六波羅派遣軍 (ja)
  • 壱岐 (ja)
  • 対馬 (ja)
  • 所属不詳 (ja)
  • 東路軍 (ja)
  • 江南軍 (ja)
  • 肥前沿岸 (ja)
  • 蒙古・漢軍 (ja)
  • 諸将 (ja)
  • 高麗軍(三翼軍) (ja)
  • :執権 北条時宗 博多 (ja)
  • :執権 北条時宗 総司令官 (ja)
  • :皇帝 クビライ(忽必烈) 総司令官 (ja)
  • 六波羅派遣軍 (ja)
  • 壱岐 (ja)
  • 対馬 (ja)
  • 所属不詳 (ja)
  • 東路軍 (ja)
  • 江南軍 (ja)
  • 肥前沿岸 (ja)
  • 蒙古・漢軍 (ja)
  • 諸将 (ja)
  • 高麗軍(三翼軍) (ja)
prop-ja:conflict
  • 元寇 (ja)
  • 元寇 (ja)
prop-ja:date
  • 2009 (xsd:integer)
  • --05-21
  • --06-08
  • --10-05
  • --11-04
prop-ja:place
  • 、九州北部 (ja)
  • 、九州北部 (ja)
prop-ja:result
prop-ja:strength
  • :兵力不明 (ja)
  • :兵力不明 :兵船300余艘 (ja)
  • :総数 27,000〜39,700人 :軍船 726〜900艘 (ja)
  • :総数 140,000〜156,989人および江南軍水夫 :軍船 4,400艘 (ja)
  • 六波羅派遣軍 60,000余騎 (ja)
  • :兵力不明 (ja)
  • :兵力不明 :兵船300余艘 (ja)
  • :総数 27,000〜39,700人 :軍船 726〜900艘 (ja)
  • :総数 140,000〜156,989人および江南軍水夫 :軍船 4,400艘 (ja)
  • 六波羅派遣軍 60,000余騎 (ja)
prop-ja:title
  • できれば大元朝治下の江南の軍戸関連の論文などを確認して記事に反映させるような方向にする必要あり (ja)
  • できれば大元朝治下の江南の軍戸関連の論文などを確認して記事に反映させるような方向にする必要あり (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 元寇(げんこう)とは、日本の鎌倉時代中期に、当時モンゴル高原及び中国大陸を中心領域として東アジアと北アジアを支配していたモンゴル帝国(元朝)およびその属国である高麗によって2度にわたり行われた対日本侵攻の呼称である。1度目を文永の役(ぶんえいのえき・1274年)、2度目を弘安の役(こうあんのえき・1281年)という。蒙古襲来とも。 特に2度目の弘安の役において日本へ派遣された艦隊は、当時世界最大規模の艦隊であった。 主に九州北部が戦場となった。 (ja)
  • 元寇(げんこう)とは、日本の鎌倉時代中期に、当時モンゴル高原及び中国大陸を中心領域として東アジアと北アジアを支配していたモンゴル帝国(元朝)およびその属国である高麗によって2度にわたり行われた対日本侵攻の呼称である。1度目を文永の役(ぶんえいのえき・1274年)、2度目を弘安の役(こうあんのえき・1281年)という。蒙古襲来とも。 特に2度目の弘安の役において日本へ派遣された艦隊は、当時世界最大規模の艦隊であった。 主に九州北部が戦場となった。 (ja)
rdfs:label
  • 元寇 (ja)
  • 元寇 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 元寇・弘安の役 (ja)
  • 元寇・文永の役 (ja)
  • 元寇・弘安の役 (ja)
  • 元寇・文永の役 (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:変遷 of
is foaf:primaryTopic of