元始(げんし)は、中国、前漢の平帝劉衎の治世に使用された元号。1年 - 5年。現在の内モンゴル自治区でみつかった居延漢簡の中には、「漢元始廿六年」と記された木簡があり、新末後漢初の動乱期にも一時この年号が使われたことが窺える。 * 元年:王莽が幼帝を補佐する太傅となり、安漢公に昇格する。 * 4年:王莽に宰衡という称号が与えられる。 * 5年:王莽が九錫を授けられる。12月に平帝崩御。宣帝の玄孫で2歳の劉嬰が即位。 * 5年:東夷王、大海を度りて国珍を奉ずとある。東夷の国で大海を渡るのは「倭」を指している可能性が高い。(漢書王莽伝) * 26年:「漢元始26年」木簡。

Property Value
dbo:abstract
  • 元始(げんし)は、中国、前漢の平帝劉衎の治世に使用された元号。1年 - 5年。現在の内モンゴル自治区でみつかった居延漢簡の中には、「漢元始廿六年」と記された木簡があり、新末後漢初の動乱期にも一時この年号が使われたことが窺える。 * 元年:王莽が幼帝を補佐する太傅となり、安漢公に昇格する。 * 4年:王莽に宰衡という称号が与えられる。 * 5年:王莽が九錫を授けられる。12月に平帝崩御。宣帝の玄孫で2歳の劉嬰が即位。 * 5年:東夷王、大海を度りて国珍を奉ずとある。東夷の国で大海を渡るのは「倭」を指している可能性が高い。(漢書王莽伝) * 26年:「漢元始26年」木簡。 (ja)
  • 元始(げんし)は、中国、前漢の平帝劉衎の治世に使用された元号。1年 - 5年。現在の内モンゴル自治区でみつかった居延漢簡の中には、「漢元始廿六年」と記された木簡があり、新末後漢初の動乱期にも一時この年号が使われたことが窺える。 * 元年:王莽が幼帝を補佐する太傅となり、安漢公に昇格する。 * 4年:王莽に宰衡という称号が与えられる。 * 5年:王莽が九錫を授けられる。12月に平帝崩御。宣帝の玄孫で2歳の劉嬰が即位。 * 5年:東夷王、大海を度りて国珍を奉ずとある。東夷の国で大海を渡るのは「倭」を指している可能性が高い。(漢書王莽伝) * 26年:「漢元始26年」木簡。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 213968 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 905 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80731479 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 元始(げんし)は、中国、前漢の平帝劉衎の治世に使用された元号。1年 - 5年。現在の内モンゴル自治区でみつかった居延漢簡の中には、「漢元始廿六年」と記された木簡があり、新末後漢初の動乱期にも一時この年号が使われたことが窺える。 * 元年:王莽が幼帝を補佐する太傅となり、安漢公に昇格する。 * 4年:王莽に宰衡という称号が与えられる。 * 5年:王莽が九錫を授けられる。12月に平帝崩御。宣帝の玄孫で2歳の劉嬰が即位。 * 5年:東夷王、大海を度りて国珍を奉ずとある。東夷の国で大海を渡るのは「倭」を指している可能性が高い。(漢書王莽伝) * 26年:「漢元始26年」木簡。 (ja)
  • 元始(げんし)は、中国、前漢の平帝劉衎の治世に使用された元号。1年 - 5年。現在の内モンゴル自治区でみつかった居延漢簡の中には、「漢元始廿六年」と記された木簡があり、新末後漢初の動乱期にも一時この年号が使われたことが窺える。 * 元年:王莽が幼帝を補佐する太傅となり、安漢公に昇格する。 * 4年:王莽に宰衡という称号が与えられる。 * 5年:王莽が九錫を授けられる。12月に平帝崩御。宣帝の玄孫で2歳の劉嬰が即位。 * 5年:東夷王、大海を度りて国珍を奉ずとある。東夷の国で大海を渡るのは「倭」を指している可能性が高い。(漢書王莽伝) * 26年:「漢元始26年」木簡。 (ja)
rdfs:label
  • 元始 (漢) (ja)
  • 元始 (漢) (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:年号 of
is foaf:primaryTopic of