Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 優性の法則(ゆうせいのほうそく)とは、親の性質の現れやすいほう(優性)と現れにくいほう(劣性)があり、それぞれの遺伝子が同一個体に共存した場合、優性の側の形質のみが表現型として表れること。メンデルの法則の1つ。たとえば、対立形質を持つ純系同士の交配では、子の代では1:0の割合で片方の性質が現れるが、これは見かけのことであって、劣性が遺伝していないわけではない。孫の代では3:1の割合で両者の性質が現れる。オーストリアのブリュン(現在はチェコ領ブルノ)にあった修道院の司祭、グレゴール・ヨハン・メンデルが発見した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 578241 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6430 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 82 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58957641 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 優性の法則(ゆうせいのほうそく)とは、親の性質の現れやすいほう(優性)と現れにくいほう(劣性)があり、それぞれの遺伝子が同一個体に共存した場合、優性の側の形質のみが表現型として表れること。メンデルの法則の1つ。たとえば、対立形質を持つ純系同士の交配では、子の代では1:0の割合で片方の性質が現れるが、これは見かけのことであって、劣性が遺伝していないわけではない。孫の代では3:1の割合で両者の性質が現れる。オーストリアのブリュン(現在はチェコ領ブルノ)にあった修道院の司祭、グレゴール・ヨハン・メンデルが発見した。
rdfs:label
  • 優性の法則
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of