Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 儀間真常(ぎま しんじょう、嘉靖36年(1557年) - 順治元年10月14日(1644年11月13日))は琉球王国第二尚氏王統の人。唐名は麻平衡(まへいこう) 、童名を真市といい、麻普蔚・大城按司真武の後裔にあたり、麻氏大宗家の6世である。いわゆる琉球の五偉人の一人で、琉球王朝の産業の基礎を築いた人物である。業績は、1605年に野國總管が中国から持ち帰った蕃薯(今日でいうサツマイモ)を琉球各地に広めたほか、薩摩から木綿種を持ち帰りその栽培と木綿織りを始め、琉球絣の基礎を築いた。そして、砂糖(ただし当時の砂糖は黒砂糖を意味する)の製法を伝播せしめたことなどがある。うち砂糖は、その後の琉球の経済を支える重要産物となった。ところで蕃薯は、のちに薩摩藩をへて日本全国へと広がっていったため、現代では名称としても「サツマイモ」としてよく知られているが、それが琉球から伝わったことや、その端緒を開いた野國總管や儀間真常の名はあまり知られていない。産業の恩人を祀った世持神社(那覇市奥武山町)では、蔡温・具志頭親方文若とともに、儀間親方真常と野国総管の三人が祀られている。墓所は那覇市首里崎山町。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 332106 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1615 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 40 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55857065 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 儀間真常(ぎま しんじょう、嘉靖36年(1557年) - 順治元年10月14日(1644年11月13日))は琉球王国第二尚氏王統の人。唐名は麻平衡(まへいこう) 、童名を真市といい、麻普蔚・大城按司真武の後裔にあたり、麻氏大宗家の6世である。いわゆる琉球の五偉人の一人で、琉球王朝の産業の基礎を築いた人物である。業績は、1605年に野國總管が中国から持ち帰った蕃薯(今日でいうサツマイモ)を琉球各地に広めたほか、薩摩から木綿種を持ち帰りその栽培と木綿織りを始め、琉球絣の基礎を築いた。そして、砂糖(ただし当時の砂糖は黒砂糖を意味する)の製法を伝播せしめたことなどがある。うち砂糖は、その後の琉球の経済を支える重要産物となった。ところで蕃薯は、のちに薩摩藩をへて日本全国へと広がっていったため、現代では名称としても「サツマイモ」としてよく知られているが、それが琉球から伝わったことや、その端緒を開いた野國總管や儀間真常の名はあまり知られていない。産業の恩人を祀った世持神社(那覇市奥武山町)では、蔡温・具志頭親方文若とともに、儀間親方真常と野国総管の三人が祀られている。墓所は那覇市首里崎山町。
rdfs:label
  • 儀間真常
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of