修道士(しゅうどうし、英: monk)というキリスト教用語には二つの語義・概念がある。ただし二つの概念は排他的概念ではなく包含関係にある(「1」の語義が「2」の語義より広義)。 1. * 修道誓願を立て禁欲的な信仰生活をする人、ことに男性のこと。女性の場合は「修道女」という。西方教会では修道会に所属し、誓願と会の規則にしたがって生活する人々のこと。カトリック教会では修道者ともいい、聖公会では修士と呼ばれる。他方、修道会制度を持たない正教会・東方諸教会では、修道誓願をたてを経て、多くの場合修道院で生活を送る人のこと。結婚せず終身独身を貫く。しかしながら現在ではマザー・テレサのように日常的に修道院外に居住し、市井で直接的に人々に奉仕を行うことをバチカンより認められた修道士も存在する。ただし彼らも生活の単位は集団生活であることは変わりはない。 2. * 上述の、カトリックの修道者のうち、および正教会・東方教会で修道誓願した者の中で、助祭(輔祭)叙階(叙聖)を受けないもののこと。英語圏および日本における西方教会では男性の場合は「ブラザー」・女性の場合は「シスター」と呼ばれる。女性は助祭や司祭にならないため、基本的にこの範疇に入る(スールないしソール、仏:Sœur とも)。カトリックでは修道会の中で司祭会員、修道士会員という名称で区別されることがある。

Property Value
dbo:abstract
  • 修道士(しゅうどうし、英: monk)というキリスト教用語には二つの語義・概念がある。ただし二つの概念は排他的概念ではなく包含関係にある(「1」の語義が「2」の語義より広義)。 1. * 修道誓願を立て禁欲的な信仰生活をする人、ことに男性のこと。女性の場合は「修道女」という。西方教会では修道会に所属し、誓願と会の規則にしたがって生活する人々のこと。カトリック教会では修道者ともいい、聖公会では修士と呼ばれる。他方、修道会制度を持たない正教会・東方諸教会では、修道誓願をたてを経て、多くの場合修道院で生活を送る人のこと。結婚せず終身独身を貫く。しかしながら現在ではマザー・テレサのように日常的に修道院外に居住し、市井で直接的に人々に奉仕を行うことをバチカンより認められた修道士も存在する。ただし彼らも生活の単位は集団生活であることは変わりはない。 2. * 上述の、カトリックの修道者のうち、および正教会・東方教会で修道誓願した者の中で、助祭(輔祭)叙階(叙聖)を受けないもののこと。英語圏および日本における西方教会では男性の場合は「ブラザー」・女性の場合は「シスター」と呼ばれる。女性は助祭や司祭にならないため、基本的にこの範疇に入る(スールないしソール、仏:Sœur とも)。カトリックでは修道会の中で司祭会員、修道士会員という名称で区別されることがある。 (ja)
  • 修道士(しゅうどうし、英: monk)というキリスト教用語には二つの語義・概念がある。ただし二つの概念は排他的概念ではなく包含関係にある(「1」の語義が「2」の語義より広義)。 1. * 修道誓願を立て禁欲的な信仰生活をする人、ことに男性のこと。女性の場合は「修道女」という。西方教会では修道会に所属し、誓願と会の規則にしたがって生活する人々のこと。カトリック教会では修道者ともいい、聖公会では修士と呼ばれる。他方、修道会制度を持たない正教会・東方諸教会では、修道誓願をたてを経て、多くの場合修道院で生活を送る人のこと。結婚せず終身独身を貫く。しかしながら現在ではマザー・テレサのように日常的に修道院外に居住し、市井で直接的に人々に奉仕を行うことをバチカンより認められた修道士も存在する。ただし彼らも生活の単位は集団生活であることは変わりはない。 2. * 上述の、カトリックの修道者のうち、および正教会・東方教会で修道誓願した者の中で、助祭(輔祭)叙階(叙聖)を受けないもののこと。英語圏および日本における西方教会では男性の場合は「ブラザー」・女性の場合は「シスター」と呼ばれる。女性は助祭や司祭にならないため、基本的にこの範疇に入る(スールないしソール、仏:Sœur とも)。カトリックでは修道会の中で司祭会員、修道士会員という名称で区別されることがある。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 38633 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 6715 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 78735005 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 修道士(しゅうどうし、英: monk)というキリスト教用語には二つの語義・概念がある。ただし二つの概念は排他的概念ではなく包含関係にある(「1」の語義が「2」の語義より広義)。 1. * 修道誓願を立て禁欲的な信仰生活をする人、ことに男性のこと。女性の場合は「修道女」という。西方教会では修道会に所属し、誓願と会の規則にしたがって生活する人々のこと。カトリック教会では修道者ともいい、聖公会では修士と呼ばれる。他方、修道会制度を持たない正教会・東方諸教会では、修道誓願をたてを経て、多くの場合修道院で生活を送る人のこと。結婚せず終身独身を貫く。しかしながら現在ではマザー・テレサのように日常的に修道院外に居住し、市井で直接的に人々に奉仕を行うことをバチカンより認められた修道士も存在する。ただし彼らも生活の単位は集団生活であることは変わりはない。 2. * 上述の、カトリックの修道者のうち、および正教会・東方教会で修道誓願した者の中で、助祭(輔祭)叙階(叙聖)を受けないもののこと。英語圏および日本における西方教会では男性の場合は「ブラザー」・女性の場合は「シスター」と呼ばれる。女性は助祭や司祭にならないため、基本的にこの範疇に入る(スールないしソール、仏:Sœur とも)。カトリックでは修道会の中で司祭会員、修道士会員という名称で区別されることがある。 (ja)
  • 修道士(しゅうどうし、英: monk)というキリスト教用語には二つの語義・概念がある。ただし二つの概念は排他的概念ではなく包含関係にある(「1」の語義が「2」の語義より広義)。 1. * 修道誓願を立て禁欲的な信仰生活をする人、ことに男性のこと。女性の場合は「修道女」という。西方教会では修道会に所属し、誓願と会の規則にしたがって生活する人々のこと。カトリック教会では修道者ともいい、聖公会では修士と呼ばれる。他方、修道会制度を持たない正教会・東方諸教会では、修道誓願をたてを経て、多くの場合修道院で生活を送る人のこと。結婚せず終身独身を貫く。しかしながら現在ではマザー・テレサのように日常的に修道院外に居住し、市井で直接的に人々に奉仕を行うことをバチカンより認められた修道士も存在する。ただし彼らも生活の単位は集団生活であることは変わりはない。 2. * 上述の、カトリックの修道者のうち、および正教会・東方教会で修道誓願した者の中で、助祭(輔祭)叙階(叙聖)を受けないもののこと。英語圏および日本における西方教会では男性の場合は「ブラザー」・女性の場合は「シスター」と呼ばれる。女性は助祭や司祭にならないため、基本的にこの範疇に入る(スールないしソール、仏:Sœur とも)。カトリックでは修道会の中で司祭会員、修道士会員という名称で区別されることがある。 (ja)
rdfs:label
  • 修道士 (ja)
  • 修道士 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:occupation of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:occupation of
is prop-ja:職業 of
is foaf:primaryTopic of