保元の乱(ほうげんのらん)は、平安時代末期の保元元年(1156年)7月に皇位継承問題や摂関家の内紛により、朝廷が後白河天皇方と崇徳上皇方に分裂し、双方の武力衝突に至った政変である。崇徳上皇方が敗北し、崇徳上皇は讃岐に配流された。この公家の内部抗争の解決に武士の力を借りたため、武士の存在感が増し、後の約700年に渡る武家政権へ繋がるきっかけの一つとなった。

Property Value
dbo:abstract
  • 保元の乱(ほうげんのらん)は、平安時代末期の保元元年(1156年)7月に皇位継承問題や摂関家の内紛により、朝廷が後白河天皇方と崇徳上皇方に分裂し、双方の武力衝突に至った政変である。崇徳上皇方が敗北し、崇徳上皇は讃岐に配流された。この公家の内部抗争の解決に武士の力を借りたため、武士の存在感が増し、後の約700年に渡る武家政権へ繋がるきっかけの一つとなった。 (ja)
  • 保元の乱(ほうげんのらん)は、平安時代末期の保元元年(1156年)7月に皇位継承問題や摂関家の内紛により、朝廷が後白河天皇方と崇徳上皇方に分裂し、双方の武力衝突に至った政変である。崇徳上皇方が敗北し、崇徳上皇は讃岐に配流された。この公家の内部抗争の解決に武士の力を借りたため、武士の存在感が増し、後の約700年に渡る武家政権へ繋がるきっかけの一つとなった。 (ja)
dbo:combatant
  • 25x20px崇徳上皇
  • 25x20px後白河天皇
  • 藤原忠通(関白)
  • 藤原頼長(藤氏長者)
dbo:description
  • (江戸時代)メトロポリタン美術館所蔵 (ja)
  • 『保元・平治の乱合戦図屏風』「白河殿夜討」 (ja)
  • (江戸時代)メトロポリタン美術館所蔵 (ja)
  • 『保元・平治の乱合戦図屏風』「白河殿夜討」 (ja)
dbo:opponents
dbo:place
dbo:result
  • 後白河天皇方の勝利、崇徳上皇配流
dbo:strength
  • * 平清盛:300騎
  • * 源義康:100騎
  • * 源義朝:200騎
  • 第一陣:600騎
  • 第二陣:不明
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 17076 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 20056 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81412187 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:battleName
  • 保元の乱 (ja)
  • 保元の乱 (ja)
prop-ja:caption
  • (江戸時代)メトロポリタン美術館所蔵 (ja)
  • 『保元・平治の乱合戦図屏風』「白河殿夜討」 (ja)
  • (江戸時代)メトロポリタン美術館所蔵 (ja)
  • 『保元・平治の乱合戦図屏風』「白河殿夜討」 (ja)
prop-ja:casualties
  •   (ja)
  • 源頼賢 斬首 (ja)
  •   (ja)
  • 源頼賢 斬首 (ja)
prop-ja:combatant
prop-ja:commander
prop-ja:date
  • 20011217000308 (xsd:decimal)
  • --07-11
  • --07-29
  • --08-05
prop-ja:place
prop-ja:result
prop-ja:strength
  • 第一陣:600騎 * 平清盛:300騎 * 源義朝:200騎 * 源義康:100騎 (ja)
  • 第二陣:不明 (ja)
  • 第一陣:600騎 * 平清盛:300騎 * 源義朝:200騎 * 源義康:100騎 (ja)
  • 第二陣:不明 (ja)
prop-ja:title
  • ふょーどるの文学の冒険 (ja)
  • ふょーどるの文学の冒険 (ja)
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 保元の乱(ほうげんのらん)は、平安時代末期の保元元年(1156年)7月に皇位継承問題や摂関家の内紛により、朝廷が後白河天皇方と崇徳上皇方に分裂し、双方の武力衝突に至った政変である。崇徳上皇方が敗北し、崇徳上皇は讃岐に配流された。この公家の内部抗争の解決に武士の力を借りたため、武士の存在感が増し、後の約700年に渡る武家政権へ繋がるきっかけの一つとなった。 (ja)
  • 保元の乱(ほうげんのらん)は、平安時代末期の保元元年(1156年)7月に皇位継承問題や摂関家の内紛により、朝廷が後白河天皇方と崇徳上皇方に分裂し、双方の武力衝突に至った政変である。崇徳上皇方が敗北し、崇徳上皇は讃岐に配流された。この公家の内部抗争の解決に武士の力を借りたため、武士の存在感が増し、後の約700年に渡る武家政権へ繋がるきっかけの一つとなった。 (ja)
rdfs:label
  • 保元の乱 (ja)
  • 保元の乱 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 保元の乱 (ja)
  • 保元の乱 (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of