俗語(ぞくご)は、教養としてあつかわれない言葉一般のこと。 * 公式に用いられる言語体系ではない言語体系のこと(中世ヨーロッパではラテン語が公用語であったが、ダンテは俗語(イタリア語)で『神曲』を書いた)。 * 本来の表現が別に存在する非公式の語であり、正式な場所・公的な文章には用いられない単語あるいは言い回しの総称(以下、本項で詳述)。

Property Value
dbo:abstract
  • 俗語(ぞくご)は、教養としてあつかわれない言葉一般のこと。 * 公式に用いられる言語体系ではない言語体系のこと(中世ヨーロッパではラテン語が公用語であったが、ダンテは俗語(イタリア語)で『神曲』を書いた)。 * 本来の表現が別に存在する非公式の語であり、正式な場所・公的な文章には用いられない単語あるいは言い回しの総称(以下、本項で詳述)。 (ja)
  • 俗語(ぞくご)は、教養としてあつかわれない言葉一般のこと。 * 公式に用いられる言語体系ではない言語体系のこと(中世ヨーロッパではラテン語が公用語であったが、ダンテは俗語(イタリア語)で『神曲』を書いた)。 * 本来の表現が別に存在する非公式の語であり、正式な場所・公的な文章には用いられない単語あるいは言い回しの総称(以下、本項で詳述)。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 104208 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3171 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79721675 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 俗語(ぞくご)は、教養としてあつかわれない言葉一般のこと。 * 公式に用いられる言語体系ではない言語体系のこと(中世ヨーロッパではラテン語が公用語であったが、ダンテは俗語(イタリア語)で『神曲』を書いた)。 * 本来の表現が別に存在する非公式の語であり、正式な場所・公的な文章には用いられない単語あるいは言い回しの総称(以下、本項で詳述)。 (ja)
  • 俗語(ぞくご)は、教養としてあつかわれない言葉一般のこと。 * 公式に用いられる言語体系ではない言語体系のこと(中世ヨーロッパではラテン語が公用語であったが、ダンテは俗語(イタリア語)で『神曲』を書いた)。 * 本来の表現が別に存在する非公式の語であり、正式な場所・公的な文章には用いられない単語あるいは言い回しの総称(以下、本項で詳述)。 (ja)
rdfs:label
  • 俗語 (ja)
  • 俗語 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:研究分野 of
is foaf:primaryTopic of