Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 侍中(じちゅう)とは、侍中府の官職のひとつで、皇帝の側近で皇帝の質問に備え、身辺に侍する役職のことである。中国においては秦代に始まり、丞相の属官として殿中の奏事を司り、漢代に入ると加官(本職の他の兼任専用の役職)となって皇帝の乗輿・服飾をも扱った。漢から魏にかけて、荀彧が守尚書令に侍中を兼ね、続いて太尉司馬懿と大将軍曹爽が侍中を兼ねている。魏以後は、専任の侍中も設置され、概して4名が置かれた。枢機に参与する重職となった。南朝の梁や北朝の北魏では、宰相と同等の官となった。隋代には納言と改称されたが、唐代に旧に復した。唐以後は門下省の長官を兼ねて2名が任命され、事実上の丞相となる。だが、時代の変遷に伴って、その権限は縮小された。つまり、門下省は、貴族勢力の権益を代表して、皇帝権と対抗する部局であったが、唐の中期以降、帝権が強まるにつれて門下省の権威は低下し、ついに中書省に吸収されるに至るのである。宋代に侍中の官名は復したが、それは実務を伴った官職ではなく、元代以後には廃止される事となった。日本では蔵人の唐名として用いられる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 113955 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 736 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57598971 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 侍中(じちゅう)とは、侍中府の官職のひとつで、皇帝の側近で皇帝の質問に備え、身辺に侍する役職のことである。中国においては秦代に始まり、丞相の属官として殿中の奏事を司り、漢代に入ると加官(本職の他の兼任専用の役職)となって皇帝の乗輿・服飾をも扱った。漢から魏にかけて、荀彧が守尚書令に侍中を兼ね、続いて太尉司馬懿と大将軍曹爽が侍中を兼ねている。魏以後は、専任の侍中も設置され、概して4名が置かれた。枢機に参与する重職となった。南朝の梁や北朝の北魏では、宰相と同等の官となった。隋代には納言と改称されたが、唐代に旧に復した。唐以後は門下省の長官を兼ねて2名が任命され、事実上の丞相となる。だが、時代の変遷に伴って、その権限は縮小された。つまり、門下省は、貴族勢力の権益を代表して、皇帝権と対抗する部局であったが、唐の中期以降、帝権が強まるにつれて門下省の権威は低下し、ついに中書省に吸収されるに至るのである。宋代に侍中の官名は復したが、それは実務を伴った官職ではなく、元代以後には廃止される事となった。日本では蔵人の唐名として用いられる。
rdfs:label
  • 侍中
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:称号・役職 of
is foaf:primaryTopic of