Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 義農作兵衛(ぎのう さくべえ、貞享5年2月10日(1688年3月11日) - 享保17年9月23日(1732年11月10日))は江戸時代の伊予国松山藩筒井村(現在の愛媛県松前町)の農民。父は作平。母はツル。妻はタマ。長男の作市と長女のカメ、次女某という子がいた。当初は貧農であったが、努力してそこそこの農民になった。享保の大飢饉で松山藩は深刻な飢饉に見舞われた。特に筒井村の被害は甚大で、多くの餓死者を出た。作兵衛も父と息子を亡くし、自身も飢えて動けなくなってしまった。村人は作兵衛が麦の種もみを俵に詰めて枕にしているのを見て、それを食べることを勧めたが、作兵衛は聞かず、「農は国の本である。種は農の本である。わずかの日生きる自分が食べてしまって来年の種をなくすわけにはいかない」と、言い残して飢え死にしてしまった。村人たちは作兵衛の残した種籾で次の年を乗り切ったという。安永5年(1776年)、松山藩8代藩主の松平定静が作兵衛の悲話に感銘し、「義農」として称え、彼のために顕彰頌徳碑を建立した。明治14年(1881年)には赤星伝作が作兵衛のために神社建立を申請して認められている(義農神社)。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1484463 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2238 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57802300 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 義農作兵衛(ぎのう さくべえ、貞享5年2月10日(1688年3月11日) - 享保17年9月23日(1732年11月10日))は江戸時代の伊予国松山藩筒井村(現在の愛媛県松前町)の農民。父は作平。母はツル。妻はタマ。長男の作市と長女のカメ、次女某という子がいた。当初は貧農であったが、努力してそこそこの農民になった。享保の大飢饉で松山藩は深刻な飢饉に見舞われた。特に筒井村の被害は甚大で、多くの餓死者を出た。作兵衛も父と息子を亡くし、自身も飢えて動けなくなってしまった。村人は作兵衛が麦の種もみを俵に詰めて枕にしているのを見て、それを食べることを勧めたが、作兵衛は聞かず、「農は国の本である。種は農の本である。わずかの日生きる自分が食べてしまって来年の種をなくすわけにはいかない」と、言い残して飢え死にしてしまった。村人たちは作兵衛の残した種籾で次の年を乗り切ったという。安永5年(1776年)、松山藩8代藩主の松平定静が作兵衛の悲話に感銘し、「義農」として称え、彼のために顕彰頌徳碑を建立した。明治14年(1881年)には赤星伝作が作兵衛のために神社建立を申請して認められている(義農神社)。
rdfs:label
  • 作兵衛
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of