Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 佐伯 定胤(さえき じょういん、慶応3年6月25日(1867年7月26日) - 昭和27年(1952年)11月23日)は、日本の法相宗・聖徳宗の僧侶、仏教学者。奈良県法隆寺村(現斑鳩町)生。法相宗管長。のちに聖徳宗を興す。法隆寺103世管主(住職)を40年務める。大僧正。学士院会員。明治時代の廃仏毀釈で衰えていた唯識・法相の教えを再興した学僧。法隆寺勧学院で開かれた唯識の講義には宗派を超えて多くの僧侶が聴講しに来た。また、東京大学でも講義している。専門の僧侶向けの講義は難解さを極めたが、宗派を超えて聴聞する者が多かった。一般信徒向けの夏百日の講義は非常に噛み砕いた平易な語り口であったという。戒律を保ち、肉食をとらず、生涯独身を貫いた。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 951749 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2381 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 68 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54817446 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 佐伯 定胤(さえき じょういん、慶応3年6月25日(1867年7月26日) - 昭和27年(1952年)11月23日)は、日本の法相宗・聖徳宗の僧侶、仏教学者。奈良県法隆寺村(現斑鳩町)生。法相宗管長。のちに聖徳宗を興す。法隆寺103世管主(住職)を40年務める。大僧正。学士院会員。明治時代の廃仏毀釈で衰えていた唯識・法相の教えを再興した学僧。法隆寺勧学院で開かれた唯識の講義には宗派を超えて多くの僧侶が聴講しに来た。また、東京大学でも講義している。専門の僧侶向けの講義は難解さを極めたが、宗派を超えて聴聞する者が多かった。一般信徒向けの夏百日の講義は非常に噛み砕いた平易な語り口であったという。戒律を保ち、肉食をとらず、生涯独身を貫いた。
rdfs:label
  • 佐伯定胤
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of