Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 低湿地遺跡(ていしっちいせき)は、遺跡の全域または一部が沖積地や盆地などにある低い湿地に位置し、地下水を多く含む地層から成るものを言う。多量の地下水を含んだ軟弱な土層からなる遺物包含層では、飽和状態にある地下水のために酸素が不足し、地下動物や微生物の活動が抑制され、通常の遺跡と違って有機質の遺物や植物遺体が完全には分解しないで残存する。1920年以降の発掘による縄文時代の青森県是川遺跡や1937年の発掘による奈良県唐古・鍵遺跡などにおける各種の有機質遺物の発見がこの種の遺跡の特異性を認識させるようになった。是川遺跡や青森県亀ヶ岡遺跡、埼玉県真福寺貝塚など東日本の縄文時代のこの種の遺跡では、有機質の遺物や植物遺体が出土する遺跡を泥炭地遺跡や泥炭層遺跡と呼び、出土層を泥炭遺物層や特殊泥炭層と呼ぶこともある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3032237 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1275 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 56 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52660655 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 低湿地遺跡(ていしっちいせき)は、遺跡の全域または一部が沖積地や盆地などにある低い湿地に位置し、地下水を多く含む地層から成るものを言う。多量の地下水を含んだ軟弱な土層からなる遺物包含層では、飽和状態にある地下水のために酸素が不足し、地下動物や微生物の活動が抑制され、通常の遺跡と違って有機質の遺物や植物遺体が完全には分解しないで残存する。1920年以降の発掘による縄文時代の青森県是川遺跡や1937年の発掘による奈良県唐古・鍵遺跡などにおける各種の有機質遺物の発見がこの種の遺跡の特異性を認識させるようになった。是川遺跡や青森県亀ヶ岡遺跡、埼玉県真福寺貝塚など東日本の縄文時代のこの種の遺跡では、有機質の遺物や植物遺体が出土する遺跡を泥炭地遺跡や泥炭層遺跡と呼び、出土層を泥炭遺物層や特殊泥炭層と呼ぶこともある。
rdfs:label
  • 低湿地遺跡
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of