Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 位置選択性(いちせんたくせい、regioselectivity)とは反応化学の用語のひとつ。ある基質に起こる反応が起こる位置(原子あるいは原子団)にいくつかの異なる可能性があるときに、実際の反応が何らかの要因により特定の位置で起こる性質。反応中間体や遷移状態の安定性の違いが位置選択性に反映され、その違いは立体的な要因、電気的な要因、非共有結合性相互作用、溶媒の関与、共鳴や超共役、電子軌道の形や電子密度、試薬の当量などさまざまな要因に由来する。位置選択性の高い反応を 位置選択的(いちせんたくてき、regioselective)であるといい、特に高い場合は 位置特異的(いちとくいてき、regiospecific)であるという。以下、代表例を示す。各例の詳細は各記事を参照。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1617013 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2901 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 25 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52579636 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 位置選択性(いちせんたくせい、regioselectivity)とは反応化学の用語のひとつ。ある基質に起こる反応が起こる位置(原子あるいは原子団)にいくつかの異なる可能性があるときに、実際の反応が何らかの要因により特定の位置で起こる性質。反応中間体や遷移状態の安定性の違いが位置選択性に反映され、その違いは立体的な要因、電気的な要因、非共有結合性相互作用、溶媒の関与、共鳴や超共役、電子軌道の形や電子密度、試薬の当量などさまざまな要因に由来する。位置選択性の高い反応を 位置選択的(いちせんたくてき、regioselective)であるといい、特に高い場合は 位置特異的(いちとくいてき、regiospecific)であるという。以下、代表例を示す。各例の詳細は各記事を参照。
rdfs:label
  • 位置選択性
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of