Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 伊賀 光宗(いが みつむね)は、鎌倉時代初期から中期にかけての武将。鎌倉幕府の御家人。父は伊賀朝光。姉妹である伊賀の方が2代執権北条義時の後室となり、自身も政所執事を務めるなど、有力御家人として重用されたが、元仁元年(1224年)、義時が急死すると、妹と共に藤原頼経を廃して一条実雅を将軍、甥北条政村を執権に据えようと画策。政村の烏帽子親である三浦義村にも支援を求めたが、計画は未遂に終わり、信濃国に流された(伊賀氏の変)。しかし、北条政子の死後、罪を許され、所領を回復。寛元2年(1244年)には、評定衆に就任した。康元2年(1257年)1月25日、80歳で死去。
dbpedia-owl:alias
  • 光宗、光西(法名)
dbpedia-owl:child
dbpedia-owl:parent
dbpedia-owl:sibling
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 483529 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1121 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 48 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52247926 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主君
prop-ja:兄弟
prop-ja:
prop-ja:官位
prop-ja:幕府
prop-ja:改名
  • 光宗、光西(法名)
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --01-25
prop-ja:氏名
  • 伊賀光宗
prop-ja:氏族
prop-ja:父母
  • 父:伊賀朝光
prop-ja:生誕
  • 治承2年(1178年)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 伊賀 光宗(いが みつむね)は、鎌倉時代初期から中期にかけての武将。鎌倉幕府の御家人。父は伊賀朝光。姉妹である伊賀の方が2代執権北条義時の後室となり、自身も政所執事を務めるなど、有力御家人として重用されたが、元仁元年(1224年)、義時が急死すると、妹と共に藤原頼経を廃して一条実雅を将軍、甥北条政村を執権に据えようと画策。政村の烏帽子親である三浦義村にも支援を求めたが、計画は未遂に終わり、信濃国に流された(伊賀氏の変)。しかし、北条政子の死後、罪を許され、所領を回復。寛元2年(1244年)には、評定衆に就任した。康元2年(1257年)1月25日、80歳で死去。
rdfs:label
  • 伊賀光宗
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 伊賀光宗
is dbpedia-owl:sibling of
is dbpedia-owl:spouse of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of