Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 伊藤 野枝(いとう のえ、1895年1月21日 - 1923年9月16日)は、日本の婦人解放運動家、作家。戸籍名は、伊藤ノヱ。雑誌『青鞜』で活躍。わがままと言われる反面、現代的自我の精神を50年以上先取りした。不倫を堂々と行い、結婚制度を否定する論文を書き、戸籍上の夫である辻潤を捨てて大杉栄の妻、愛人と四角関係を演じた。人工妊娠中絶(堕胎)、売買春(廃娼)、貞操など、今日でも問題となっている課題に取り組み、多くの評論、小説や翻訳を発表した。甘粕事件で殺害された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 20391 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13707 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 188 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58693734 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名前
  • 伊藤 野枝
prop-ja:思想
prop-ja:没地
  • 東京都東京市
prop-ja:没年
  • --09-16
prop-ja:活動
  • 婦人解放運動
prop-ja:生地
  • 福岡県糸島郡今宿村
prop-ja:生年
  • --01-21
prop-ja:画像
  • 220 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 伊藤 野枝(いとう のえ、1895年1月21日 - 1923年9月16日)は、日本の婦人解放運動家、作家。戸籍名は、伊藤ノヱ。雑誌『青鞜』で活躍。わがままと言われる反面、現代的自我の精神を50年以上先取りした。不倫を堂々と行い、結婚制度を否定する論文を書き、戸籍上の夫である辻潤を捨てて大杉栄の妻、愛人と四角関係を演じた。人工妊娠中絶(堕胎)、売買春(廃娼)、貞操など、今日でも問題となっている課題に取り組み、多くの評論、小説や翻訳を発表した。甘粕事件で殺害された。
rdfs:label
  • 伊藤野枝
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:死亡 of
is foaf:primaryTopic of