Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 5代目伊藤小左衛門(ごだいめいとう こざえもん、1819年1月13日(文政元年12月8日) - 1878年(明治12年)5月21日)は、三重県四日市市の企業家。幕末期から明治時代初期にかけて四日市地域に近代産業を浸透させて、工業都市四日市市の基礎を作り、貿易を重視して産業の近代化を推進した。幼名は伊藤小四郎、伊藤小平治、諱は伊藤尚長である。六代目伊藤小左衛門は息子で伊藤家の後継者であった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2740433 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3200 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 93 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53304279 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 5代目伊藤小左衛門(ごだいめいとう こざえもん、1819年1月13日(文政元年12月8日) - 1878年(明治12年)5月21日)は、三重県四日市市の企業家。幕末期から明治時代初期にかけて四日市地域に近代産業を浸透させて、工業都市四日市市の基礎を作り、貿易を重視して産業の近代化を推進した。幼名は伊藤小四郎、伊藤小平治、諱は伊藤尚長である。六代目伊藤小左衛門は息子で伊藤家の後継者であった。
rdfs:label
  • 伊藤小左衛門 (5代目)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of