Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 伊東 祐梁(いとう すけむね、生年不詳 - 元亀3年(1572年))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。伊東氏の家臣。伊東祐松の子。弟に伊東祐基。子に伊東祐信。相模守。永禄2年(1559年)、飫肥城を攻めていた伊東軍は島津尚久率いる薩軍のため危機に陥るが、祐梁の見事な采配によって逆転勝ちを収めた。この勝利を伊東氏では「相州古今希代の手柄」と伝えている。豊州家の飫肥開城後は飫肥城主伊東祐兵を後見した。元亀3年(1572年)の木崎原の戦いでは子の祐信を失い、同年のうちに病死した。
dbpedia-owl:child
dbpedia-owl:parent
dbpedia-owl:sibling
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1468740 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 739 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 26 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58328064 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主君
prop-ja:兄弟
  • 祐梁、祐基
prop-ja:
prop-ja:官位
  • 相模守(受領名)
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • 元亀3年(1572年)
prop-ja:氏名
  • 伊東祐梁
prop-ja:父母
  • 父:伊東祐松
prop-ja:生誕
  • 不明
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 伊東 祐梁(いとう すけむね、生年不詳 - 元亀3年(1572年))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。伊東氏の家臣。伊東祐松の子。弟に伊東祐基。子に伊東祐信。相模守。永禄2年(1559年)、飫肥城を攻めていた伊東軍は島津尚久率いる薩軍のため危機に陥るが、祐梁の見事な采配によって逆転勝ちを収めた。この勝利を伊東氏では「相州古今希代の手柄」と伝えている。豊州家の飫肥開城後は飫肥城主伊東祐兵を後見した。元亀3年(1572年)の木崎原の戦いでは子の祐信を失い、同年のうちに病死した。
rdfs:label
  • 伊東祐梁
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 伊東祐梁
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:parent of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of