Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 仲地 紀仁(なかち きじん、1789年2月3日(乾隆54年1月9日)-1859年4月7日(咸豊9年3月5日))は、琉球王国の医者。泊村(現・那覇市泊)出身。唐名は松 景愼、童名は松金、号を良翁といい、正式な呼称は仲地親雲上紀仁。26歳で清国の福州へ渡り、3年間内科、眼科を学び。その帰路、薩摩藩に漂着し、外科を学ぶ、1年滞在ののち帰国、すぐ王府勤めの医者となった。1846年(道光26年)、護国寺滞在のイギリス宣教師バーナード・ジャン・ベッテルハイムに出会って、牛痘種痘を学ぶ、琉球で初めて行ったとされる。沖縄学学者金城清松は「琉球の種痘の父」と指摘している。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3257707 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 568 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 29 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56388893 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 仲地 紀仁(なかち きじん、1789年2月3日(乾隆54年1月9日)-1859年4月7日(咸豊9年3月5日))は、琉球王国の医者。泊村(現・那覇市泊)出身。唐名は松 景愼、童名は松金、号を良翁といい、正式な呼称は仲地親雲上紀仁。26歳で清国の福州へ渡り、3年間内科、眼科を学び。その帰路、薩摩藩に漂着し、外科を学ぶ、1年滞在ののち帰国、すぐ王府勤めの医者となった。1846年(道光26年)、護国寺滞在のイギリス宣教師バーナード・ジャン・ベッテルハイムに出会って、牛痘種痘を学ぶ、琉球で初めて行ったとされる。沖縄学学者金城清松は「琉球の種痘の父」と指摘している。
rdfs:label
  • 仲地紀仁
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of