Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『仮面ティーチャー』(かめんティーチャー)は、藤沢とおるによる日本の漫画。集英社『週刊ヤングジャンプ』において、2006年から2007年まで掲載された。また2013年4月25日から2014年10月16日まで続編となる『仮面ティーチャーBLACK』(かめんティーチャーブラック)が同誌で連載されてた。同年8月には、『GTO』の登場人物である冴島俊行を主人公としたスピンアウト作品『井の頭ガーゴイル』とコラボした『仮面ティーチャー VS POLICE』の前篇が同誌に、後篇が講談社『週刊ヤングマガジン』に読み切りとして掲載された。実写版が2013年7月7日から9月29日の毎週日曜日未明(土曜日深夜)にKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔主演の連続テレビドラマとして放送された。2014年2月14日には、同作の半年前を描いた『金曜ロードSHOW!・特別ドラマ企画 仮面ティーチャー』が放送され、2月22日には連続ドラマ版の半年後を描いた続編が映画『劇場版 仮面ティーチャー』として公開された。
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2807765 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 35457 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 373 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59117339 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:_
  • 2014 (xsd:integer)
  • 日本テレビ製作の映画
  • 教師を主人公とした映画・オリジナルビデオ
  • 漫画を原作とする映画作品
  • ショウゲート製作の映画
  • 日本のアクション映画
  • 日本のテレビドラマの劇場版
  • 日本の特撮映画
  • 日本の青春映画
  • 高等学校を舞台とした映画作品
prop-ja:opテーマ
  • 「Luv Sick」(Kis-My-Ft2)
prop-ja:redirect
  • 劇場版 仮面ティーチャー
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ウィキプロジェクト
prop-ja:ウィキポータル
prop-ja:ジャンル
prop-ja:タイトル
  • 仮面ティーチャー/仮面ティーチャーBLACK
  • 仮面ティーチャー
prop-ja:データ放送
prop-ja:プロデューサー
  • 森實陽三(CP)
  • 植野浩之
  • 坂下哲也
  • 前畑祥子
prop-ja:レーベル
prop-ja:上映時間
  • 93 (xsd:integer)
prop-ja:主題歌
  • 「Luv Sick」(Kis-My-Ft2)
prop-ja:他出版社
  • Pika Édition
  • 東立出版社
  • 鶴山文化社
  • Jpop
prop-ja:作品名
  • 劇場版 仮面ティーチャー
prop-ja:作者
prop-ja:備考
  • 30 (xsd:integer)
  • 備考
  • 演出
  • 本田隆一
  • 千村利光
  • 守屋健太郎
  • 後藤孝太郎
  • 滝本憲吾
  • 『嵐にしやがれ 24時間テレビ直前SP』のため30分繰り下げ(1:20 - 1:50)。
  • 『斉藤さん2』が拡大放送の為15分繰り下げ(1:05 - 1:35)。
prop-ja:備考1のスタイル
  • text-align:center;
prop-ja:備考2のスタイル
  • text-align:center;
prop-ja:公開
  • --02-22
prop-ja:出演者
prop-ja:出版社
prop-ja:制作局
prop-ja:前番組
prop-ja:原作
prop-ja:外部リンク
prop-ja:外部リンク名
  • 日本テレビ公式サイト
prop-ja:字幕
prop-ja:巻数
  • 全4巻
  • 既刊4巻(BLACK)
prop-ja:掲載誌
prop-ja:放送分
  • 30 (xsd:integer)
  • 114 (xsd:integer)
prop-ja:放送回数
  • 12 (xsd:integer)
prop-ja:放送局
prop-ja:放送日
  • --07-07
  • --07-14
  • --07-21
  • --07-28
  • --08-04
  • --08-11
  • --08-18
  • --09-01
  • --09-08
  • --09-15
  • --09-22
  • --09-29
  • 初回放送日
prop-ja:放送日のスタイル
  • text-align:center;
prop-ja:放送時間
  • (土曜日深夜)
  • 金曜日 21:00 - 22:54
  • 日曜日 0:50 - 1:20
prop-ja:放送期間
  • --02-14
  • --07-07
prop-ja:放送枠
prop-ja:概要
  • 金造と黒仮面の戦いは終始黒仮面優勢で進んだ。銀仮面の救援によって一命を取りとめた金造であったが、左腕を骨折してしまう。後日、金造は獅子丸の入院費を稼ぐためにバイト先の工事現場の主任に給料の前借を頼んでみたが断られる。翌日、工事現場の金庫から現金が盗まれた。大人たちは金銭面に困っていた金造が犯人だと決めつけるが、剛太だけは彼が犯人でないと庇う。しかし金造はそんな剛太に対しても心を開こうとはしない。金造はバイト先の先輩である河西が真犯人だと気付きタイマン勝負を申し込むが敗れ、高所から転落しそうになる。そんな金造に対し銀仮面は「俺の手を握れ」と叫ぶ。大人を信用していなかったはずの金造だったが銀仮面の説得の末、彼の手を握った。金造に変化が訪れ学院に平和が戻ったかのように思えたが、2年C組では野間麻美たちが近藤加奈子を苛めようと画策していた。
  • 剛太は突然校長から学校の鎮静化を理由に仮面ティーチャーの解任を告げられた。学内には黒仮面による恐怖が渦巻き生徒たちは息苦しさを感じていた。野間たちは学内での楽しみを失い、援助交際に手を出す。しかし逆に援助交際相手のポールたちに捕まってしまう。銀仮面が救助に駆け付けるが、生徒が人質になっているため手出しが出来ず一方的な暴力を受ける。それでも生徒のために手出しをしない銀仮面に心を打たれた美樹は刃物を持ったポールに悠然と立ち向かい、野間たちを救うことに成功した。野間たちはそんな美樹や銀仮面の行動に心打たれ改心するに至った。飯倉は剛太の一連の行動を評価し、校長へ剛太の仮面ティーチャーとしての復帰を命じた。一方2年C組では怯えるボンを金造たちが見つける。ボンの視線の先には殺人未遂を起こし無期限停学中だった元M4の岬智也がいたのだ。
  • M4のコータローは仮面ティーチャーの活躍に怒りを露わにする。さっそく自身の手下集団であるマッドマックスに仮面ティーチャー狩りを命じた。しかしマッドマックスは銀仮面に一蹴される。そんな不甲斐ない彼らに力での制裁を加えたコータローだったが、そのことでマッドマックスから離脱者を出してしまう。頭に血が上ったコータローは自ら市村美樹を誘拐し、仮面ティーチャーを誘き出すことに成功する。しかし気付けばマッドマックスは全員離脱しており、彼はただ一人となっていた。それでも自身の力によって真っ向勝負を挑んだコータローだったが完敗。銀仮面の「人を動かすのは心である」という発言が胸に突き刺さり、不甲斐なさから一人泣き叫ぶのであった。そんな課外授業を終えた剛太の前に突然現れた2年C組の生徒の一人草薙圭吾。彼は銀仮面の正体を知っているかのような素振りを見せる。
  • 十兵衛の見舞いに訪れた剛太は、黒仮面の存在を知らされ驚きを隠せない。菅原健太郎校長にこの件を問い詰めるが、校長はまともに取り合おうとはしなかった。すっかり憔悴してしまったリョータを見た剛太は、美樹から聞いた心理学の教えを実践しようと教室へ向かう。しかしリョータは、以前お金を巻き上げた大人に連れ去られていた。彼らに復讐として暴行を受けたリョータは気が動転し、落ちていたビンの破片で彼らを刺そうとする。その時、剛太が現れリョータを抱きしめ温もりを与えた。刺されているにもかかわらず剛太はリョータに対し、「未来はまだ真っ白」だということを説く。後日、剛太は銀仮面として、リョータに暴行を加えた大人たちに制裁を加えた。その様子を見ていた黒仮面は剛太の理想の甘さを指摘し去っていく。そんな二人の仮面ティーチャーの接触に対して教育省の飯倉塁は不敵な笑みを浮かべていた。
  • 美樹は草薙に対し、彼の母が多くの生徒を信じ希望を与えた存在だと説く。涙を流しながらその話に耳を傾ける草薙には心境の変化が訪れたようで。一方、華空学院では岬が集めた仲間に次は金造を潰すことを宣言する。彼はかつて金造によって倒されたことで人生が狂ったと思い込んでいた。金造は力で制圧した過去の自分にも非があると言い、M4と共に岬の元へ向かう。交戦しようとする岬に対し、金造は銀仮面のように心でわかり合おうとする。そんな金造を前にし、岬は涙を流す。しかしそこに人狼兄弟が現れる。彼らは「国から暴力を認められている」と言い放ち岬、金造、M4を次々に倒していく。そんな絶望の中、銀仮面と黒仮面が現れる。Wティーチャーが並び立ちついに、人狼兄弟との最終決戦が始まる。
  • 銀の仮面ティーチャーこと荒木剛太は華空学院へ派遣される。武原金造を始めとする不良に殴られながらも、ポリシーである「力ではなく心での指導」を守ろうとしていた。そんな中M4の一人であるボンが賞金を懸けて親友同士を殴り合わせる「デスマッチイベント」を始めだした。小林翔平の事故を未だに引きずる剛太は、仮面ティーチャーとして戦うことを躊躇っていたが、彼の父である小林十兵衛の「闇に覆われた教育界を照らす光となってほしい」という願いを胸に、再び仮面ティーチャーとして戦うことを決める。ボンが親友であった今井智という生徒を裏切ってしまった罪悪感から逃れるためにデスマッチイベントを開催していたことを突き止めた剛太は、課外授業と称してボンと智を向き合わせる。ボンは過去のお金に頼る弱い自分を恥じ改心したが、そのことがコータローの逆鱗に触れてしまう。
  • 岬はかつての面影を失い優等生と化しており、金造や教師たちは驚きを隠せない。しかし剛太は彼が過去の過ちから更生したのだと信じようとする。時を同じくして、マッドマックスたちが銀と黒の仮面を被った二人組に襲われる事件が起こる。仲間のために彼らとの決闘を決意したコータローはリョータと共に事件現場に向かうが、返り討ちにあってしまう。岬は仮面ティーチャーの理不尽な暴力と戦うことを宣言し生徒たちを鼓舞するが、剛太も草薙も身に覚えがない。ボンによるとニセ仮面ティーチャーの正体は人狼兄弟と呼ばれる二人組らしい。草薙は黒仮面としてたった一人で彼らと戦いに挑むが圧倒的な力の前に完敗する。翌日、岬が黒仮面のコートを手に仮面ティーチャーを倒したと宣言し生徒たちの支持を集める。入院した草薙を見舞いに行った美樹は、ロッカーから黒仮面を見つけてしまう。
  • 人狼兄弟とWティーチャーの戦いは壮絶を極めた。人狼兄弟によって一時は戦闘不能まで追い込まれたが、M4の演説に共鳴し他生徒たちも仮面ティーチャーに声援を送り始める。彼らの声援を力に変えた仮面ティーチャーは飛び蹴りによって人狼兄弟を倒す。満身創痍のままでカフェホッパーへ向かった剛太は佐恵子に向かって仮面ティーチャーとしての覚悟を語る。一方、華空学院では金造が将来の夢として教師を挙げた。飯倉は自身が送り込んだ岬や人狼兄弟の試練を乗り越え、周囲を変えた剛太の姿を通して、力での制圧を重視した現行の仮面ティーチャー法の改正を剛太に仄めかしたのであった。
  • 争うことをやめ仲間と学校生活を謳歌するコータローに金造は苛立ちを隠せない。そんな金造を見て、最後のM4獅子丸は「仮面ティーチャーが正体を現すまで毎晩一人ずつ教師を狩っていく」と言う。剛太は獅子丸を止めるために銀仮面として戦いを挑もうとするが、そこに黒仮面が現れる。圧倒的な力の差を瞬時に理解した獅子丸であったが、金造のために黒仮面と拳を交える。ボンによると、金造と獅子丸がここまで強い絆で結ばれているのは同じ孤児院出身で、とある里親に騙されて以来大人を信用できなくなったことが原因らしい。後日、獅子丸が入院したことを知った金造は怒り狂い、全ての教師を潰すことを宣言。そこに再び黒仮面が現れ、金造を挑発する。金造と黒仮面の因縁の対決が幕を開けようとしていた。
  • 弟を人質に捕られた草薙は野間たちの命令に従い、学内を荒らしまわる。草薙の事情を知らない美樹は母親の件で学院に恨みがあるのかと問うが、彼は母親のようにクズな生徒を信じて騙されるのは愚かだと言い放つ。野間たちの居場所を突き止めた剛太は銀仮面として草薙の弟を救出に向かう。野間たちと心で向き合おうとする銀仮面だったが、その目の前に黒仮面が現れる。二人の仮面ティーチャーは力と心というそれぞれの正義を掲げて激突する。黒仮面の不良への深い憎しみを前にした銀仮面は彼の正体が草薙であることを悟る。剛太は草薙の母の墓に向かって、彼を更生させると誓った。今回の草薙との一件で再び仮面ティーチャーとして迷いが生じた剛太を見抜いた十兵衛は、彼を叱咤激励する。しかし仮面ティーチャーを憎む小林佐恵子にその場面を見られてしまう。
  • 野間たちによって集団苛めを受ける加奈子。草薙は彼女たちから加奈子を守り、見て見ぬふりをした教員の遠山周作に暴力を振るう。品行方正だった草薙の横暴に驚いた剛太は、美樹から草薙の母、草薙佳代美が教師で、苛めから教え子を救えなかった罪悪感で自殺したことを知る。先日の草薙の行為が気に食わない野間たちは彼を新たな苛めのターゲットとするが、銀仮面によって阻止される。しかし野間は反省する振りをし、銀仮面から逃げることに成功。草薙への怒りが募る彼女たちは、彼の弟、草薙裕也を拉致する。
  • コータローが大怪我をして登校してきた。ボンによると元マッドマックスの過激派によって、これまでの復讐をされたらしい。コータローは仮面ティーチャーの教えを信じ、拳を封印していたのだ。それから数日後、暴力にひたすら耐えるコータローを見かねた別の元マッドマックスのメンバーがついにコータローを助けようとする。そんな本当の仲間を手に入れたコータローは空を見上げ笑みを浮かべた。一方、繁華街では美樹が、スタンガンを使い大人からお金を巻き上げるM4のリョータを目撃してしまう。リョータに脅され口止めさせられていた美樹だったが、悩んだ挙句剛太に相談することに。約束を破った美樹にリョータはスタンガンを向けたが、寸前の所で銀仮面に制止される。思い通りにならず癇癪を起すリョータはその夜、偶然通りがかった十兵衛を襲おうとする。しかしその時、黒の仮面ティーチャーが現れ、リョータに鉄拳制裁を加えた。圧倒的な力を目の前にし、リョータは幼き頃父親に虐待を受けていたトラウマを思い出してしまう。
prop-ja:次番組
  • 49 (xsd:integer)
  • (2013.10.6 - 2013.12.29)
prop-ja:特記事項
  • 初回は30分拡大(0:50 - 1:50)。
prop-ja:番組名
  • 金曜ロードSHOW!
  • 仮面ティーチャー
  • 特別ドラマ企画 仮面ティーチャー
  • (2013.7.7 - 2013.9.29)
prop-ja:監督
prop-ja:終了号
  • 2007 (xsd:integer)
  • 2013 (xsd:integer)
prop-ja:脚本
prop-ja:興行収入
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:言語
prop-ja:話数
  • 第10話
  • 第1話
  • 第2話
  • 第3話
  • 第4話
  • 第5話
  • 第6話
  • 第7話
  • 第8話
  • 第9話
  • 話数
  • 第11話
  • 第12話
prop-ja:配給
prop-ja:開始号
  • 2006 (xsd:integer)
prop-ja:音声
prop-ja:音楽
  • 牧戸太郎
prop-ja:題名
  • エピソードタイトル
  • 二人の世界
  • ニセモノ
  • M4、動く
  • お前、過去に何があった?
  • その名は、仮面ティーチャー
  • 俺の手を握れ
  • 彼の使命
  • 決戦、華空学院
  • 激闘、マッドマックス
  • 銀と黒
  • 黒の仮面教師
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『仮面ティーチャー』(かめんティーチャー)は、藤沢とおるによる日本の漫画。集英社『週刊ヤングジャンプ』において、2006年から2007年まで掲載された。また2013年4月25日から2014年10月16日まで続編となる『仮面ティーチャーBLACK』(かめんティーチャーブラック)が同誌で連載されてた。同年8月には、『GTO』の登場人物である冴島俊行を主人公としたスピンアウト作品『井の頭ガーゴイル』とコラボした『仮面ティーチャー VS POLICE』の前篇が同誌に、後篇が講談社『週刊ヤングマガジン』に読み切りとして掲載された。実写版が2013年7月7日から9月29日の毎週日曜日未明(土曜日深夜)にKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔主演の連続テレビドラマとして放送された。2014年2月14日には、同作の半年前を描いた『金曜ロードSHOW!・特別ドラマ企画 仮面ティーチャー』が放送され、2月22日には連続ドラマ版の半年後を描いた続編が映画『劇場版 仮面ティーチャー』として公開された。
rdfs:label
  • 仮面ティーチャー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 仮面ティーチャー
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:前番組 of
is prop-ja:次番組 of
is foaf:primaryTopic of