Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 「代表なくして課税なし」(だいひょうなくしてかぜいなし、英:No taxation without representation)は、アメリカ独立戦争(1775年 - 1783年)時のスローガンの一つ。当時、イギリス領であった北アメリカ東部に植民していた人々は、税を課せられていながら自ら選出した代議士をロンドンにある英国議会へ送ることが許されておらず(投票権を持たない議員を1人だけ送ることが許されていた)、これを不服とした植民地民の間でイギリス本国への反感が生まれ、独立への気運を高めた。「代表無しの課税」はイギリスの行った主要な不法行為の一つとしてアメリカ独立宣言においても挙げられている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 543896 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1418 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57746570 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 「代表なくして課税なし」(だいひょうなくしてかぜいなし、英:No taxation without representation)は、アメリカ独立戦争(1775年 - 1783年)時のスローガンの一つ。当時、イギリス領であった北アメリカ東部に植民していた人々は、税を課せられていながら自ら選出した代議士をロンドンにある英国議会へ送ることが許されておらず(投票権を持たない議員を1人だけ送ることが許されていた)、これを不服とした植民地民の間でイギリス本国への反感が生まれ、独立への気運を高めた。「代表無しの課税」はイギリスの行った主要な不法行為の一つとしてアメリカ独立宣言においても挙げられている。
rdfs:label
  • 代表なくして課税なし
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:casus of
is foaf:primaryTopic of