Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 仙台教会(せんだいきょうかい)は、宮城県仙台市若林区にある日本基督改革派教会の教会である。1944年に日本基督教団北四番丁教会牧師の小林亀太郎が死去すると、仙台市にあった荒町(南鍛冶町)教会、東六番丁教会、北四番丁教会のアメリカ・ドイツ改革派教会によって設立された日本基督教団の3教会が合同する。そして、新しく日本基督教団北四番丁教会になった。荒町教会の牧師であった角田桂嶽が初代牧師に就任し、東六番丁教会の牧師川島専助は白石教会に転任する。しかし、同年角田が死去し、北四番丁教会の出身の渡辺公平が伝道師に就任する。補佐のため渡辺良亮が代務主管者になった。1946年に日本基督改革派教会の設立時から参与するが、教団離脱問題のために、1947年2月23日に正式に加わる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2932097 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 773 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 32 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55361402 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 仙台教会(せんだいきょうかい)は、宮城県仙台市若林区にある日本基督改革派教会の教会である。1944年に日本基督教団北四番丁教会牧師の小林亀太郎が死去すると、仙台市にあった荒町(南鍛冶町)教会、東六番丁教会、北四番丁教会のアメリカ・ドイツ改革派教会によって設立された日本基督教団の3教会が合同する。そして、新しく日本基督教団北四番丁教会になった。荒町教会の牧師であった角田桂嶽が初代牧師に就任し、東六番丁教会の牧師川島専助は白石教会に転任する。しかし、同年角田が死去し、北四番丁教会の出身の渡辺公平が伝道師に就任する。補佐のため渡辺良亮が代務主管者になった。1946年に日本基督改革派教会の設立時から参与するが、教団離脱問題のために、1947年2月23日に正式に加わる。
rdfs:label
  • 仙台教会 (改革派)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of