今 東光(こん とうこう、1898年(明治31年)3月26日 - 1977年(昭和52年)9月19日)は、横浜生まれの天台宗僧侶(法名 春聽)、小説家、参議院議員。大正時代後期、新感覚派作家として出発し、出家後、長く文壇を離れるが、作家として復帰後は、住職として住んだ河内や平泉、父祖の地、津軽など 奥州を題材にした作品で知られる。 作家・評論家で、初代文化庁長官を務めた今日出海(ひでみ)は三弟。儒学者の伊東梅軒は母方の祖父。医師で第8代弘前市長や衆議院議員を務めた伊東重は母方の伯父。国家主義者の伊東六十次郎は従弟。外交官の珍田捨巳は父方の遠縁にあたる。

Property Value
dbo:abstract
  • 今 東光(こん とうこう、1898年(明治31年)3月26日 - 1977年(昭和52年)9月19日)は、横浜生まれの天台宗僧侶(法名 春聽)、小説家、参議院議員。大正時代後期、新感覚派作家として出発し、出家後、長く文壇を離れるが、作家として復帰後は、住職として住んだ河内や平泉、父祖の地、津軽など 奥州を題材にした作品で知られる。 作家・評論家で、初代文化庁長官を務めた今日出海(ひでみ)は三弟。儒学者の伊東梅軒は母方の祖父。医師で第8代弘前市長や衆議院議員を務めた伊東重は母方の伯父。国家主義者の伊東六十次郎は従弟。外交官の珍田捨巳は父方の遠縁にあたる。 (ja)
  • 今 東光(こん とうこう、1898年(明治31年)3月26日 - 1977年(昭和52年)9月19日)は、横浜生まれの天台宗僧侶(法名 春聽)、小説家、参議院議員。大正時代後期、新感覚派作家として出発し、出家後、長く文壇を離れるが、作家として復帰後は、住職として住んだ河内や平泉、父祖の地、津軽など 奥州を題材にした作品で知られる。 作家・評論家で、初代文化庁長官を務めた今日出海(ひでみ)は三弟。儒学者の伊東梅軒は母方の祖父。医師で第8代弘前市長や衆議院議員を務めた伊東重は母方の伯父。国家主義者の伊東六十次郎は従弟。外交官の珍田捨巳は父方の遠縁にあたる。 (ja)
dbo:alias
  • こん とうこう / しゅんちょう (ja)
  • こん とうこう / しゅんちょう (ja)
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1977-09-19 (xsd:date)
dbo:deathPlace
dbo:occupation
dbo:party
dbo:region
dbo:wikiPageID
  • 211147 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 22195 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80993921 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ふりがな
  • こん とうこう / しゅんちょう (ja)
  • こん とうこう / しゅんちょう (ja)
prop-ja:人名
  • 今 東光 (ja)
  • 今 東光 (ja)
prop-ja:出身校
prop-ja:前職
prop-ja:各国語表記
  • こん とうこう (ja)
  • こん とうこう (ja)
prop-ja:国旗
  • JPN (ja)
  • JPN (ja)
prop-ja:就任日
  • --07-07
prop-ja:当選回数
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:所属政党
prop-ja:死没地
  • 千葉県四街道市 (ja)
  • 千葉県四街道市 (ja)
prop-ja:氏名
  • 今 東光 /【僧名】春聽 (ja)
  • 今 東光 /【僧名】春聽 (ja)
prop-ja:没年月日
  • 1977-09-19 (xsd:date)
prop-ja:生年月日
  • --03-26
prop-ja:生誕地
  • 神奈川県横浜市 (ja)
  • 神奈川県横浜市 (ja)
prop-ja:画像
  • Kon Toukou.jpg (ja)
  • Kon Toukou.jpg (ja)
prop-ja:画像説明
  • --03-01
prop-ja:職名
prop-ja:職業
prop-ja:退任日
  • --07-07
prop-ja:選挙区
prop-ja:配偶者
  • 草間フミ子 (ja)
  • 蜂谷清 (ja)
  • 草間フミ子 (ja)
  • 蜂谷清 (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 今 東光(こん とうこう、1898年(明治31年)3月26日 - 1977年(昭和52年)9月19日)は、横浜生まれの天台宗僧侶(法名 春聽)、小説家、参議院議員。大正時代後期、新感覚派作家として出発し、出家後、長く文壇を離れるが、作家として復帰後は、住職として住んだ河内や平泉、父祖の地、津軽など 奥州を題材にした作品で知られる。 作家・評論家で、初代文化庁長官を務めた今日出海(ひでみ)は三弟。儒学者の伊東梅軒は母方の祖父。医師で第8代弘前市長や衆議院議員を務めた伊東重は母方の伯父。国家主義者の伊東六十次郎は従弟。外交官の珍田捨巳は父方の遠縁にあたる。 (ja)
  • 今 東光(こん とうこう、1898年(明治31年)3月26日 - 1977年(昭和52年)9月19日)は、横浜生まれの天台宗僧侶(法名 春聽)、小説家、参議院議員。大正時代後期、新感覚派作家として出発し、出家後、長く文壇を離れるが、作家として復帰後は、住職として住んだ河内や平泉、父祖の地、津軽など 奥州を題材にした作品で知られる。 作家・評論家で、初代文化庁長官を務めた今日出海(ひでみ)は三弟。儒学者の伊東梅軒は母方の祖父。医師で第8代弘前市長や衆議院議員を務めた伊東重は母方の伯父。国家主義者の伊東六十次郎は従弟。外交官の珍田捨巳は父方の遠縁にあたる。 (ja)
rdfs:label
  • 今東光 (ja)
  • 今東光 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 今 東光 (ja)
  • 今 東光 /【僧名】春聽 (ja)
  • 今 東光 (ja)
  • 今 東光 /【僧名】春聽 (ja)
is dbo:basedOn of
is dbo:influenced of
is dbo:relation of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:influenced of
is prop-ja:relations of
is prop-ja:原作 of
is foaf:primaryTopic of