Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 今井館(いまいかん)は、無教会派の内村鑑三の活動の拠点になった聖書講義のための講堂である。大阪の香料商人であった今井樟太郎は日本基督組合教会天満教会の信者であった。内村鑑三が主筆を務めていた『東京独立雑誌』を愛読していた。1900年に廃刊されたときは同情の手紙を送った。1900年秋に内村が京都で講演をした時に、今井は初めて内村の講演を聴いて、事業不振で苦境にあった今井は励ましを受けて、事業が好転する。しかし、1906年に今井は急死する。内村鑑三は亡き今井のために、墓碑銘を書いた。1907年、天満教会で開かれた記念会に出席し、「友好の秘儀」と題した講演をした。これがきっかけで、今井の未亡人ノブ(信子)から内村のために1000円の寄付が送られた。この寄付金を元に、内村は東京府豊多摩郡淀橋町柏木(現東京都新宿区)の自邸に聖書講義のための会場を建設した。建物は1907年末に完成して、今井館と呼ばれるようになった。内部は8畳と6畳の2間になっていた。今井館により角筈聖書研究会にも余裕が生じて、1908年からは『聖書之研究』の1年以上の購読者には出席が認められるようになった。『聖書之研究』第100号を迎えた1908年6月に、その記念を兼ねて今井館の開所式を行った。以降、内村の無教会派の拠点として重要な施設になった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2714616 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 841 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 26 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53373103 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 今井館(いまいかん)は、無教会派の内村鑑三の活動の拠点になった聖書講義のための講堂である。大阪の香料商人であった今井樟太郎は日本基督組合教会天満教会の信者であった。内村鑑三が主筆を務めていた『東京独立雑誌』を愛読していた。1900年に廃刊されたときは同情の手紙を送った。1900年秋に内村が京都で講演をした時に、今井は初めて内村の講演を聴いて、事業不振で苦境にあった今井は励ましを受けて、事業が好転する。しかし、1906年に今井は急死する。内村鑑三は亡き今井のために、墓碑銘を書いた。1907年、天満教会で開かれた記念会に出席し、「友好の秘儀」と題した講演をした。これがきっかけで、今井の未亡人ノブ(信子)から内村のために1000円の寄付が送られた。この寄付金を元に、内村は東京府豊多摩郡淀橋町柏木(現東京都新宿区)の自邸に聖書講義のための会場を建設した。建物は1907年末に完成して、今井館と呼ばれるようになった。内部は8畳と6畳の2間になっていた。今井館により角筈聖書研究会にも余裕が生じて、1908年からは『聖書之研究』の1年以上の購読者には出席が認められるようになった。『聖書之研究』第100号を迎えた1908年6月に、その記念を兼ねて今井館の開所式を行った。以降、内村の無教会派の拠点として重要な施設になった。
rdfs:label
  • 今井館
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of