Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 人身売買(じんしんばいばい)とは、人間を金銭などを対価として売買する行為の事である。自ら身を売り出したり(借金の返済、親族に必要な金銭の用立てなど)、親が子を、また奴隷状態にある人を売買することもあるが、誘拐などの強制手段や甘言によって誘い出して移送することも多い。人の密輸、ヒューマン・トラフィッキング(Human Trafficking)あるいはトラフィッキング(Trafficking)ともいわれ、日本政府はこれを人身取引と表現している。その目的は、強制労働、性的搾取、臓器移植、国際条約に定義された薬物の生産や取引、貧困を理由として金銭を得る為の手段などにあり、人の移送が国境を越えて行われる場合も多い。1990年代以降、特に1996年の児童の商業的性的搾取に反対する世界会議以降、国際的な人身売買が国際問題として取り上げられることが多くなっている。現代社会においては、おおむねどの国においても犯罪行為とされており、1949年に発効した国際連合の人身売買及び他人の売春からの搾取の禁止に関する条約(人身売買禁止条約)、国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約(国際組織犯罪防止条約)の「人身取引」に関する議定書、さらにジョグジャカルタ原則第11原則に於いても禁止されている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 683573 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 15833 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 330 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59240840 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 人身売買(じんしんばいばい)とは、人間を金銭などを対価として売買する行為の事である。自ら身を売り出したり(借金の返済、親族に必要な金銭の用立てなど)、親が子を、また奴隷状態にある人を売買することもあるが、誘拐などの強制手段や甘言によって誘い出して移送することも多い。人の密輸、ヒューマン・トラフィッキング(Human Trafficking)あるいはトラフィッキング(Trafficking)ともいわれ、日本政府はこれを人身取引と表現している。その目的は、強制労働、性的搾取、臓器移植、国際条約に定義された薬物の生産や取引、貧困を理由として金銭を得る為の手段などにあり、人の移送が国境を越えて行われる場合も多い。1990年代以降、特に1996年の児童の商業的性的搾取に反対する世界会議以降、国際的な人身売買が国際問題として取り上げられることが多くなっている。現代社会においては、おおむねどの国においても犯罪行為とされており、1949年に発効した国際連合の人身売買及び他人の売春からの搾取の禁止に関する条約(人身売買禁止条約)、国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約(国際組織犯罪防止条約)の「人身取引」に関する議定書、さらにジョグジャカルタ原則第11原則に於いても禁止されている。
rdfs:label
  • 人身売買
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of