Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 人見 八重子(ひとみ やえこ、本名:不明、1900年(明治33年)2月15日 - 没年不明)は、元宝塚少女歌劇団所属の宝塚歌劇団卒業生。大阪府出身。1913年12月~1930年在団。宝塚歌劇団2期生で、初期のスターの一人。同期生に篠原淺茅、瀧川末子、吉野雪子がいる。この芸名は小倉百人一首の第47番:恵慶法師の『八重葎 繁れる宿の 寂しきに 人こそ見えね 龝は來にけり (やへむぐら しげれるやどの さびしきに ひとこそみえね あきはきにけり)』から命名された。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2770238 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2914 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 37 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57486310 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 人見 八重子(ひとみ やえこ、本名:不明、1900年(明治33年)2月15日 - 没年不明)は、元宝塚少女歌劇団所属の宝塚歌劇団卒業生。大阪府出身。1913年12月~1930年在団。宝塚歌劇団2期生で、初期のスターの一人。同期生に篠原淺茅、瀧川末子、吉野雪子がいる。この芸名は小倉百人一首の第47番:恵慶法師の『八重葎 繁れる宿の 寂しきに 人こそ見えね 龝は來にけり (やへむぐら しげれるやどの さびしきに ひとこそみえね あきはきにけり)』から命名された。
rdfs:label
  • 人見八重子
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of