Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『人種開発ジャーナル』(じんしゅかいはつじゃーなる、英:Journal of Race Development)は、アメリカで最初の国際関係論に関する学術雑誌である。この雑誌は1910年にクラーク大学の歴史学者ジョージ・H・ブレイクスリーによって発刊された。優生学的な響きのある雑誌名ではあるが、実際には政治、外交、国際関係に関するいろいろな話題をあつかっていた。その後、『国際関係論』(Journal of International Relations)と改名され、1922年には『フォーリン・アフェアーズ』に統合された 。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2675231 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1602 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 19 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47122740 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『人種開発ジャーナル』(じんしゅかいはつじゃーなる、英:Journal of Race Development)は、アメリカで最初の国際関係論に関する学術雑誌である。この雑誌は1910年にクラーク大学の歴史学者ジョージ・H・ブレイクスリーによって発刊された。優生学的な響きのある雑誌名ではあるが、実際には政治、外交、国際関係に関するいろいろな話題をあつかっていた。その後、『国際関係論』(Journal of International Relations)と改名され、1922年には『フォーリン・アフェアーズ』に統合された 。
rdfs:label
  • 人種開発ジャーナル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of