Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 人智学(じんちがく)とは、逐語訳では「人間の叡智」を意味するドイツ語: Anthroposophie (ギリシア語:ανθρωποσοφια) の日本訳語として一般に用いられる言葉である。語源はギリシア語であり、人間を示す ανθρωπος (anthropos, アントローポス)と、叡智あるいは知恵を示す σοφια (sophia, ソピア)を合成したものである。19世紀末から20世紀初頭にかけてドイツ語圏を中心とするヨーロッパで活躍した哲学者・神秘思想家のルドルフ・シュタイナー(1861-1925)が自身の思想を指して使った言葉(これについてはアントロポゾフィーの項に詳しい)として有名であるが、この言葉自体は近世初期にすでに使用されている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 53328 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12921 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 110 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59089093 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:参照方法
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:未検証
  • 2010 (xsd:integer)
prop-ja:独自研究
  • 2015 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 人智学(じんちがく)とは、逐語訳では「人間の叡智」を意味するドイツ語: Anthroposophie (ギリシア語:ανθρωποσοφια) の日本訳語として一般に用いられる言葉である。語源はギリシア語であり、人間を示す ανθρωπος (anthropos, アントローポス)と、叡智あるいは知恵を示す σοφια (sophia, ソピア)を合成したものである。19世紀末から20世紀初頭にかけてドイツ語圏を中心とするヨーロッパで活躍した哲学者・神秘思想家のルドルフ・シュタイナー(1861-1925)が自身の思想を指して使った言葉(これについてはアントロポゾフィーの項に詳しい)として有名であるが、この言葉自体は近世初期にすでに使用されている。
rdfs:label
  • 人智学
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of