Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 人工衛星(じんこうえいせい)とは、惑星、主に地球の軌道上に存在し、具体的な目的を持つ人工天体。目的を持たない使用済みロケットや人工衛星の破片などはスペースデブリとして区別される。また、惑星以外の軌道(月周回軌道、太陽周回軌道)を周回する人工天体は宇宙探査機と呼ばれ、一般に区別される。有人宇宙船や宇宙ステーション、スペースシャトルも人工衛星に含まれ、アメリカ航空宇宙局等の人工衛星軌道データに掲載もされるが、これらについて触れる際には人工衛星とは呼ばれないのが一般的である。人類初の人工衛星は、1957年にソビエト連邦が打ち上げたスプートニク1号である。21世紀初頭までに、数千もの人工衛星が地球周回軌道に打ち上げられた。衛星自体は50カ国以上が保有しているが、衛星の打ち上げ能力は10カ国しか保有していない(一時は打ち上げ能力を有しながら後に放棄した国も含む。詳細は後述)。人工衛星の用途は多岐にわたり、一般的なものは、軍事衛星、通信衛星、地球観測衛星、航行衛星、気象衛星、科学衛星などである。詳細はそれぞれの項目を参照。人工衛星は地球を周回する軌道にあるものが大部分であるが、惑星探査目的で火星や土星などの他の惑星の軌道上にも観測機がいくつか到達しており、各惑星の人工衛星となっている。これらは惑星の観測を行ったり、火星探査機などのように他惑星の表面に着陸した宇宙探査機からの各種観測データを地球まで中継送信している。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1887467 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 30514 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 332 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59214036 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 人工衛星(じんこうえいせい)とは、惑星、主に地球の軌道上に存在し、具体的な目的を持つ人工天体。目的を持たない使用済みロケットや人工衛星の破片などはスペースデブリとして区別される。また、惑星以外の軌道(月周回軌道、太陽周回軌道)を周回する人工天体は宇宙探査機と呼ばれ、一般に区別される。有人宇宙船や宇宙ステーション、スペースシャトルも人工衛星に含まれ、アメリカ航空宇宙局等の人工衛星軌道データに掲載もされるが、これらについて触れる際には人工衛星とは呼ばれないのが一般的である。人類初の人工衛星は、1957年にソビエト連邦が打ち上げたスプートニク1号である。21世紀初頭までに、数千もの人工衛星が地球周回軌道に打ち上げられた。衛星自体は50カ国以上が保有しているが、衛星の打ち上げ能力は10カ国しか保有していない(一時は打ち上げ能力を有しながら後に放棄した国も含む。詳細は後述)。人工衛星の用途は多岐にわたり、一般的なものは、軍事衛星、通信衛星、地球観測衛星、航行衛星、気象衛星、科学衛星などである。詳細はそれぞれの項目を参照。人工衛星は地球を周回する軌道にあるものが大部分であるが、惑星探査目的で火星や土星などの他の惑星の軌道上にも観測機がいくつか到達しており、各惑星の人工衛星となっている。これらは惑星の観測を行ったり、火星探査機などのように他惑星の表面に着陸した宇宙探査機からの各種観測データを地球まで中継送信している。
rdfs:label
  • 人工衛星
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:事業内容 of
is foaf:primaryTopic of