Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 人工神経または人工ニューロン(英: artificial neuron)とは、人工知能において、生物学的神経を参考にして考案されたニューラルネットワークを構成する基本単位である。人工神経は1つ以上の入力を受け取り(1つ以上の樹状突起に相当)、それらの総和から出力(シナプス)を生成する。通常、各ノードの総和には重み付けがされ、伝達関数(英: transfer function)もしくは活性化関数(英: activation function)と呼ばれる非線型関数に渡される。伝達関数としてはシグモイドが最も一般的だが、不連続な線型関数、ステップ関数といった非線型関数も使われることがある。一般に、伝達関数は単調増加である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 900626 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1298 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 16 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56941656 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 人工神経または人工ニューロン(英: artificial neuron)とは、人工知能において、生物学的神経を参考にして考案されたニューラルネットワークを構成する基本単位である。人工神経は1つ以上の入力を受け取り(1つ以上の樹状突起に相当)、それらの総和から出力(シナプス)を生成する。通常、各ノードの総和には重み付けがされ、伝達関数(英: transfer function)もしくは活性化関数(英: activation function)と呼ばれる非線型関数に渡される。伝達関数としてはシグモイドが最も一般的だが、不連続な線型関数、ステップ関数といった非線型関数も使われることがある。一般に、伝達関数は単調増加である。
rdfs:label
  • 人工神経
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of