Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 亮山(りょうざん、安永元年(1772年) - 弘化4年3月18日(1847年5月2日))は、江戸時代後期の僧。妙楽寺13代住持。尾張国丹羽郡犬山魚町(愛知県犬山市)に生まれる。幼少時に出家、名古屋東照宮の守護寺である天王坊の第26世亮厳法印に師事し、妙楽寺住職となる。文化6年3月17日(1809年5月1日)、弘法大師の夢告により霊場開創を決意。岡戸半蔵、武田安兵衛とともに、知多四国八十八ヶ所霊場を開創した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1588753 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1585 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 65 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 44478048 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 亮山(りょうざん、安永元年(1772年) - 弘化4年3月18日(1847年5月2日))は、江戸時代後期の僧。妙楽寺13代住持。尾張国丹羽郡犬山魚町(愛知県犬山市)に生まれる。幼少時に出家、名古屋東照宮の守護寺である天王坊の第26世亮厳法印に師事し、妙楽寺住職となる。文化6年3月17日(1809年5月1日)、弘法大師の夢告により霊場開創を決意。岡戸半蔵、武田安兵衛とともに、知多四国八十八ヶ所霊場を開創した。
rdfs:label
  • 亮山
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of