Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 京急2100形電車(けいきゅう2100がたでんしゃ)は、1998年(平成10年)3月28日に営業運転を開始した京浜急行電鉄の電車。2000形の後継車として、2000年(平成12年)にかけて8両編成10本、80両が製造された。主に京急線内の快特に使用される。本項では、特記のない限り各種文献に倣い、京急本線上で南側を「浦賀寄り」または「浦賀方」、北側を「品川寄り」または「品川方」、東側を「海側」、西側を「山側」と呼ぶ。編成番号は浦賀方先頭車の車両番号で代表する。また、「新1000形」は2002年(平成14年)登場の1000形(2代)、「1000形」は1959年(昭和34年)登場の1000形(初代)、「700形」は1967年(昭和42年)登場の700形(2代)、「600形」は1994年(平成6年)登場の600形(3代)を指すものとする。
dbpedia-owl:capacity
  • 50 (xsd:integer)
  • 54 (xsd:integer)
  • 111 (xsd:integer)
  • 120 (xsd:integer)
dbpedia-owl:manufacturer
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 15215 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 21306 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 278 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59235819 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --01-01
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ブレーキ方式
prop-ja:主電動機
  • 1 (xsd:integer)
  • 機器更新後はTDK6163-A形かご形三相誘導電動機 
prop-ja:主電動機出力
  • 更新前 190 kW(連続定格値、機器更新後は1時間定格)
prop-ja:保安装置
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:全幅
  • 2830 (xsd:integer)
prop-ja:全長
  • 18000 (xsd:integer)
prop-ja:全高
  • 4026.5
  • パンタグラフ搭載車は4,050
prop-ja:制御装置
  • VVVFインバータ制御(GTOサイリスタ素子、機器更新後はIGBT素子)
prop-ja:営業最高速度
  • 120 (xsd:integer)
prop-ja:歯車比
  • 4994.0
prop-ja:減速度(通常)_
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:減速度(非常)_
  • 4.500000 (xsd:double)
prop-ja:画像
  • Keikyu 2100 08.jpg
prop-ja:画像説明
  • 2100 (xsd:integer)
  • --07-12
prop-ja:社色
  • #0077bb
prop-ja:編成両数
  • 8 (xsd:integer)
prop-ja:編成出力
  • 190 (xsd:integer)
prop-ja:編成定員
  • 942 (xsd:integer)
  • 座席定員 556人
prop-ja:編成重量
  • 229.0
prop-ja:製造メーカー
prop-ja:設計最高速度
  • 130 (xsd:integer)
prop-ja:起動加速度
  • 3.500000 (xsd:double)
prop-ja:車両名
  • 京急2100形電車
prop-ja:車両定員
  • 中間車 120人
  • 先頭車 111人
  • (着席定員 50席、補助椅子 12席)
  • (着席定員 54席、補助椅子 16席)
prop-ja:車両重量
  • 本文参照
prop-ja:軌間
  • 1435 (xsd:integer)
prop-ja:電気方式
  • 直流1,500 V
  • (架空電車線方式)
prop-ja:駆動装置
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 京急2100形電車(けいきゅう2100がたでんしゃ)は、1998年(平成10年)3月28日に営業運転を開始した京浜急行電鉄の電車。2000形の後継車として、2000年(平成12年)にかけて8両編成10本、80両が製造された。主に京急線内の快特に使用される。本項では、特記のない限り各種文献に倣い、京急本線上で南側を「浦賀寄り」または「浦賀方」、北側を「品川寄り」または「品川方」、東側を「海側」、西側を「山側」と呼ぶ。編成番号は浦賀方先頭車の車両番号で代表する。また、「新1000形」は2002年(平成14年)登場の1000形(2代)、「1000形」は1959年(昭和34年)登場の1000形(初代)、「700形」は1967年(昭和42年)登場の700形(2代)、「600形」は1994年(平成6年)登場の600形(3代)を指すものとする。
rdfs:label
  • 京急2100形電車
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 京急2100形電車
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:stock of
is foaf:primaryTopic of