Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 京急1000形電車(けいきゅう1000がたでんしゃ)は、2002年(平成14年)4月15日に営業運転を開始した 京浜急行電鉄の通勤形電車。1959年(昭和34年)登場の初代1000形と同時に営業運転に使用された期間があり、区別のため本形式は新1000形と呼称される。1000形と700形の置き換え用として、2100形の車体や主要機器をベースとして設計され 、快適性の向上、環境への配慮、省エネルギー化、保守の低減などを目指した。製造時毎に各種設計変更が行われているが、特に2006年までの製造車はアルミ軽合金製塗装車体、ドイツ製主制御器・主電動機を採用した一方、2007年以降はステンレス製無塗装車体、日本製主制御器・主電動機に変更されたことが特筆される。本項では、特記のない限り、各種文献に倣い、京急本線上で南側を「浦賀寄り」または「浦賀方」、北側を「品川寄り」または「品川方」、東側を「海側」、西側を「山側」と呼ぶ。編成番号は浦賀方先頭車の車両番号で代表する。また、「新1000形」は本形式、「1000形」は1959年(昭和34年)登場の1000形(初代)、「700形」は1967年(昭和42年)登場の700形(2代)、「600形」は1994年(平成6年)登場の600形(3代)を指すものとする。文中の編成表では左側を浦賀方とする。また、本形式についてはアルミ合金製車体の編成群(1 - 5次車)を「アルミ車両」、ステンレス製車体の編成群(6次車以降)を「ステンレス車両」と呼ぶ。
dbpedia-owl:capacity
  • 1 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
  • 119 (xsd:integer)
  • 122 (xsd:integer)
  • 130 (xsd:integer)
dbpedia-owl:manufacturer
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 15217 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 69803 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 288 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59113169 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ブレーキ方式
prop-ja:モーター出力
  • 1 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
  • ただし、3 - 5次車は出力を抑えている。
prop-ja:主電動機
prop-ja:保安装置
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:全幅
  • 1 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:全長
  • 18000 (xsd:integer)
prop-ja:全高
  • 4026.5
  • パンタグラフ付き車両:4,050
prop-ja:制御装置
prop-ja:台車
  • TH-2100A形・TH-2100B形
  • 円筒案内支持方式空気バネ台車
prop-ja:営業最高速度
  • 120 (xsd:integer)
prop-ja:歯車比
  • 4994.0
prop-ja:減速度(常用最大)_
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:減速度(非常)_
  • 4.500000 (xsd:double)
prop-ja:画像
  • Keikyu 1000 series EMU 024.JPG
prop-ja:画像説明
  • 京急1000形電車(2代)
  • 左がステンレス車、右がアルミ車
prop-ja:社色
  • #CC1144
prop-ja:編成
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:製造メーカー
prop-ja:設計最高速度
  • 130 (xsd:integer)
prop-ja:起動加速度
  • 3.500000 (xsd:double)
prop-ja:車両名
  • 京急1000形電車(2代)
prop-ja:車両定員
  • 1 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
  • 中間車130(座席48+8)人
  • 中間車130(座席52)人
  • 先頭車119(座席39)人
  • 先頭車122(座席41+4)人
prop-ja:車両重量
  • 本文参照
prop-ja:車体材質
  • 1 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:軌間
  • 1435 (xsd:integer)
prop-ja:電気方式
  • 直流1,500 V(架空電車線方式)
prop-ja:駆動装置
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 京急1000形電車(けいきゅう1000がたでんしゃ)は、2002年(平成14年)4月15日に営業運転を開始した 京浜急行電鉄の通勤形電車。1959年(昭和34年)登場の初代1000形と同時に営業運転に使用された期間があり、区別のため本形式は新1000形と呼称される。1000形と700形の置き換え用として、2100形の車体や主要機器をベースとして設計され 、快適性の向上、環境への配慮、省エネルギー化、保守の低減などを目指した。製造時毎に各種設計変更が行われているが、特に2006年までの製造車はアルミ軽合金製塗装車体、ドイツ製主制御器・主電動機を採用した一方、2007年以降はステンレス製無塗装車体、日本製主制御器・主電動機に変更されたことが特筆される。本項では、特記のない限り、各種文献に倣い、京急本線上で南側を「浦賀寄り」または「浦賀方」、北側を「品川寄り」または「品川方」、東側を「海側」、西側を「山側」と呼ぶ。編成番号は浦賀方先頭車の車両番号で代表する。また、「新1000形」は本形式、「1000形」は1959年(昭和34年)登場の1000形(初代)、「700形」は1967年(昭和42年)登場の700形(2代)、「600形」は1994年(平成6年)登場の600形(3代)を指すものとする。文中の編成表では左側を浦賀方とする。また、本形式についてはアルミ合金製車体の編成群(1 - 5次車)を「アルミ車両」、ステンレス製車体の編成群(6次車以降)を「ステンレス車両」と呼ぶ。
rdfs:label
  • 京急1000形電車 (2代)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 京急1000形電車(2代)
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of