Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アントン・ブルックナーの交響曲第6番イ長調は、1879年9月から1881年9月に作曲された。作曲者によれば、この曲は「大胆なスタイル」で書かれたとされる。ブルックナーの交響曲の特徴の一つとなっている全休止がなく、各楽章ともに連続した流れが意識されているようである。ブルックナー中期の傑作といえるが、力強く構築的な第5番、親しみやすい人気曲の第7番に挟まれたためか、演奏機会は比較的少ない。ブルックナーの家主だったアントン・エルツェルトに献呈されている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 269617 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2832 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 40 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56673788 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アントン・ブルックナーの交響曲第6番イ長調は、1879年9月から1881年9月に作曲された。作曲者によれば、この曲は「大胆なスタイル」で書かれたとされる。ブルックナーの交響曲の特徴の一つとなっている全休止がなく、各楽章ともに連続した流れが意識されているようである。ブルックナー中期の傑作といえるが、力強く構築的な第5番、親しみやすい人気曲の第7番に挟まれたためか、演奏機会は比較的少ない。ブルックナーの家主だったアントン・エルツェルトに献呈されている。
rdfs:label
  • 交響曲第6番 (ブルックナー)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of