Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 交響曲第4番『レクイエム』(Requiem )作品34は、ハワード・ハンソンが父の追悼のため1943年に作曲した交響曲で、彼の作品の中では最もロマン主義的である。各楽章は第2楽章以外レクイエムの典礼文から採られており、エレジー風に仕上がっている。1943年12月3日に作曲者指揮ボストン交響楽団の定期演奏会にて初演され、翌1944年にはピューリッツァー賞に輝いた。プログラムノートは、ハンソンの弟子だった作曲家のウィリアム・バーグスマによる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2002070 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 837 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49774039 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 交響曲第4番『レクイエム』(Requiem )作品34は、ハワード・ハンソンが父の追悼のため1943年に作曲した交響曲で、彼の作品の中では最もロマン主義的である。各楽章は第2楽章以外レクイエムの典礼文から採られており、エレジー風に仕上がっている。1943年12月3日に作曲者指揮ボストン交響楽団の定期演奏会にて初演され、翌1944年にはピューリッツァー賞に輝いた。プログラムノートは、ハンソンの弟子だった作曲家のウィリアム・バーグスマによる。
rdfs:label
  • 交響曲第4番 (ハンソン)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of