Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ロベルト・シューマンの交響曲第2番ハ長調作品61は、1845年から1846年にかけて作曲され、同年11月5日に、メンデルスゾーン指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団によって初演された。シューマンが完成した交響曲としては、実質的に3番目にあたるが、2番目のものは後年改訂出版されて「第4番」とされたため、出版順序によって第2番となった。スウェーデン国王オスカル1世に献呈された。演奏時間約38分。シューマンの交響曲の中で、最も遅く日本初演されたものであり、1963年3月29日、東京文化会館にてM.ル・ルー指揮、日本フィルハーモニー交響楽団によって行われた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 272562 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2896 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 47 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50286115 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cname
  • 交響曲第2番作品61
prop-ja:id
  • Symphony_No.2,_Op.61_
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ロベルト・シューマンの交響曲第2番ハ長調作品61は、1845年から1846年にかけて作曲され、同年11月5日に、メンデルスゾーン指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団によって初演された。シューマンが完成した交響曲としては、実質的に3番目にあたるが、2番目のものは後年改訂出版されて「第4番」とされたため、出版順序によって第2番となった。スウェーデン国王オスカル1世に献呈された。演奏時間約38分。シューマンの交響曲の中で、最も遅く日本初演されたものであり、1963年3月29日、東京文化会館にてM.ル・ルー指揮、日本フィルハーモニー交響楽団によって行われた。
rdfs:label
  • 交響曲第2番 (シューマン)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of