Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 交錯配列法(こうさくはいれつほう、または交差配列法、交錯配語法、交差配語法、交差対句法など。英語:chiasmus, キアスムス、キアスマス、カイアズマス)とは、お互いに関連する2つの節を、より大きなやまを生むために、その構造を反転させる修辞技法のこと。つまり、2つの節は逆転したパラレリズムで表される。交錯配列法はとくにラテン語文学で人気があり、テキスト中のバランス、順序をはっきり表現するために使われた。聖書のギリシア語・ヘブライ語のテキストにも長文で複雑な交錯配列法が多数含まれている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1479429 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4407 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 31 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47452843 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 交錯配列法(こうさくはいれつほう、または交差配列法、交錯配語法、交差配語法、交差対句法など。英語:chiasmus, キアスムス、キアスマス、カイアズマス)とは、お互いに関連する2つの節を、より大きなやまを生むために、その構造を反転させる修辞技法のこと。つまり、2つの節は逆転したパラレリズムで表される。交錯配列法はとくにラテン語文学で人気があり、テキスト中のバランス、順序をはっきり表現するために使われた。聖書のギリシア語・ヘブライ語のテキストにも長文で複雑な交錯配列法が多数含まれている。
rdfs:label
  • 交錯配列法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of