Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 数学では、交叉理論(intersection theory)(もしくは、交点理論)は、代数幾何学では代数多様体の上ので部分多様体の交叉についての分野で、 代数トポロジーではコホモロジー環の中の交叉の計算についての分野である。多様体の理論は古くからあり、曲線のベズーの定理や消去理論(elimination theory)に起源を持つ。他方、トポロジー理論では、交叉理論はより手短に定義形式へたどり着く。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2879823 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 22407 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 43 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54823616 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • August 2011
prop-ja:reason
  • "Because of the dimensions" insufficient to find reason or confirm truth
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 数学では、交叉理論(intersection theory)(もしくは、交点理論)は、代数幾何学では代数多様体の上ので部分多様体の交叉についての分野で、 代数トポロジーではコホモロジー環の中の交叉の計算についての分野である。多様体の理論は古くからあり、曲線のベズーの定理や消去理論(elimination theory)に起源を持つ。他方、トポロジー理論では、交叉理論はより手短に定義形式へたどり着く。
rdfs:label
  • 交叉理論
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of