Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 井深 花(いぶか はな、1865年3月1日(元治2年2月4日) - 1945年(昭和20年)9月13日)は、明治時代の教育者。井深梶之助の後妻である。1865年に備前国児島郡天城村(現・岡山県倉敷市)に大島協悠の5女として生まれた。1884年に神戸英学校(神戸女学院)に入学する。1886年に神戸教会で松山高吉から洗礼を受ける。1889年に卒業し、鳥取女学校の英語教師になる。結婚に失敗し、1891年米国マウント・ホリヨーク大学に留学する。帰国後、1895年に神戸女学院理化学教授になる。1899年12月に教授を辞職して、1896年明治学院総理であった井深梶之助と結婚する。1900年より女子学院で数学、物理、化学を教えた。東洋英和女学校(東洋英和女学院)でも教えた。1930年女子学院教授を引退する。日本基督教婦人矯風会常設委員、副会頭、神戸女学院理事、東京女子大学理事、YMCA同盟委員長など要職を歴任する。1934年に夫梶之助が脳溢血で倒れ、1940年に死去する。1945年終戦後、神奈川県逗子で死去する。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2892441 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 942 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 42 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51308662 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 井深 花(いぶか はな、1865年3月1日(元治2年2月4日) - 1945年(昭和20年)9月13日)は、明治時代の教育者。井深梶之助の後妻である。1865年に備前国児島郡天城村(現・岡山県倉敷市)に大島協悠の5女として生まれた。1884年に神戸英学校(神戸女学院)に入学する。1886年に神戸教会で松山高吉から洗礼を受ける。1889年に卒業し、鳥取女学校の英語教師になる。結婚に失敗し、1891年米国マウント・ホリヨーク大学に留学する。帰国後、1895年に神戸女学院理化学教授になる。1899年12月に教授を辞職して、1896年明治学院総理であった井深梶之助と結婚する。1900年より女子学院で数学、物理、化学を教えた。東洋英和女学校(東洋英和女学院)でも教えた。1930年女子学院教授を引退する。日本基督教婦人矯風会常設委員、副会頭、神戸女学院理事、東京女子大学理事、YMCA同盟委員長など要職を歴任する。1934年に夫梶之助が脳溢血で倒れ、1940年に死去する。1945年終戦後、神奈川県逗子で死去する。
rdfs:label
  • 井深花
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of