Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 井上 金峨(いのうえ きんが、享保17年(1732年) - 天明4年6月16日(1784年8月1日))は、江戸時代中期の日本の儒学者である。折衷学を大成させたことで知られ、学派闘争を否定し蘐園学派(徂徠学)を痛烈に批判した。名は立元、字は順卿(純卿)、通称は文平。号は金峨のほか、考槃翁・柳塘閑人等。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 679066 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2939 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 100 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51382288 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 井上 金峨(いのうえ きんが、享保17年(1732年) - 天明4年6月16日(1784年8月1日))は、江戸時代中期の日本の儒学者である。折衷学を大成させたことで知られ、学派闘争を否定し蘐園学派(徂徠学)を痛烈に批判した。名は立元、字は順卿(純卿)、通称は文平。号は金峨のほか、考槃翁・柳塘閑人等。
rdfs:label
  • 井上金峨
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of