Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 井上勝也(いのうえ かつや、1941年12月8日- )は、心理学者、筑波大学名誉教授。埼玉県川越市出身。早稲田大学大学院心理学修士課程修了。東京都老人総合研究所心理研究室長、筑波大学教授、2005年定年退官、名誉教授、駿河台大学教授。2012年退職。1993年日本老年行動科学会を設立し、2005年まで会長を務めた。主な研究として、「ポックリ信仰の心理的背景」や「認知症高齢者の徘徊の平均距離」、「阪神・淡路大震災における高齢者の避難行動・適応行動」などがあげられる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3135587 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1058 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57116600 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 井上勝也(いのうえ かつや、1941年12月8日- )は、心理学者、筑波大学名誉教授。埼玉県川越市出身。早稲田大学大学院心理学修士課程修了。東京都老人総合研究所心理研究室長、筑波大学教授、2005年定年退官、名誉教授、駿河台大学教授。2012年退職。1993年日本老年行動科学会を設立し、2005年まで会長を務めた。主な研究として、「ポックリ信仰の心理的背景」や「認知症高齢者の徘徊の平均距離」、「阪神・淡路大震災における高齢者の避難行動・適応行動」などがあげられる。
rdfs:label
  • 井上勝也 (心理学者)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of