Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 五条 頼元(ごじょう よりもと、正応3年(1290年) - 貞治6年/正平22年5月20日(1367年6月17日))は、鎌倉時代後期から南北朝時代の廷臣。大外記・清原良枝の次男。官職は勘解由次官。南朝の征西将軍懐良親王に付き従い、九州における一時の南朝勢力隆盛を助けた。清原氏支流五条氏の祖であり、子孫はそのまま九州に土着して大友氏(義鑑・義鎮(宗麟)・義統)や加藤清正、立花宗茂に仕えるなどしている(五条鎮定もその一人である)。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1584801 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1910 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 71 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51647513 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 五条 頼元(ごじょう よりもと、正応3年(1290年) - 貞治6年/正平22年5月20日(1367年6月17日))は、鎌倉時代後期から南北朝時代の廷臣。大外記・清原良枝の次男。官職は勘解由次官。南朝の征西将軍懐良親王に付き従い、九州における一時の南朝勢力隆盛を助けた。清原氏支流五条氏の祖であり、子孫はそのまま九州に土着して大友氏(義鑑・義鎮(宗麟)・義統)や加藤清正、立花宗茂に仕えるなどしている(五条鎮定もその一人である)。
rdfs:label
  • 五条頼元
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of