Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 五徳(ごとく)は、発熱体の上部に設置して加熱用容器を支持するために用いられる日本の器具。具体的には炉(囲炉裏、火鉢、七輪、焜炉、等々)の熱源上に置いて、鍋、やかん、土瓶、鉄瓶、焼き網などを乗せるために用いられる支持具をいう。金属製のものは鉄輪(かなわ)とも呼び、呪詛に用いる道具としての五徳は、伝説(橋姫など)や能の演目『鉄輪』を通してこの名でも広く知られている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 89709 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7946 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 127 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59072442 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • right
prop-ja:caption
  • dbpedia-ja:白川郷
  • dbpedia-ja:和田家住宅
  • 『不動利益縁起絵巻』(部分)
  • 『泣不動縁起絵巻』(部分)
  • 不動利益縁起と同じ内容である泣不動縁起(なきふどうえんぎ)の絵巻物。室町時代の作。清浄華院所蔵。
  • 陰陽師・安倍晴明(右中央)と対峙する物の怪ども。鉄輪(五徳)を頭に乗せている物の怪が一番奥に見える。14世紀(南北朝時代)の作。東京国立博物館所蔵。
  • 大型の五徳である「[[#金輪
  • 白川郷にある明善寺庫裡の囲炉裏
  • 鉄瓶を乗せた金輪が左に見える。
prop-ja:date
  • --09-05
prop-ja:direction
  • vertical
prop-ja:headerAlign
  • center
prop-ja:image
  • Fudo-Rieki-Engi 01.jpg
  • Nakifudo Engi Abe no Seimei.jpg
  • Shirakawa-goFireplace.jpg
  • Shirakawago Fireplace 001.jpg
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:width
  • 230 (xsd:integer)
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 五徳(ごとく)は、発熱体の上部に設置して加熱用容器を支持するために用いられる日本の器具。具体的には炉(囲炉裏、火鉢、七輪、焜炉、等々)の熱源上に置いて、鍋、やかん、土瓶、鉄瓶、焼き網などを乗せるために用いられる支持具をいう。金属製のものは鉄輪(かなわ)とも呼び、呪詛に用いる道具としての五徳は、伝説(橋姫など)や能の演目『鉄輪』を通してこの名でも広く知られている。
rdfs:label
  • 五徳
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of