Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 五式戦闘機(ごしきせんとうき)は第二次世界大戦時の大日本帝国陸軍最後の制式戦闘機とされる軍用機である。キ番号(試作名称)はキ100。略称・呼称は五式戦。「隼」「鍾馗」などと言った他陸軍戦闘機に用いられた日本側愛称は存在しない。また本機固有の連合軍の「Zeke」「Tony」などといったコードネームも存在しない。ただし書類上などでは便宜上「Tony II」とされたことがあったという。製作不良・整備困難などから液冷エンジン、ハ140(またはハ40)の供給不足に陥り、機体のみが余っていた三式戦闘機に急遽空冷エンジン、ハ112IIを搭載し戦力化したものであるが、時間的猶予の無い急な設計であるにもかかわらず意外な高性能を発揮、整備性や信頼性も比較にならないほど向上した。五式戦闘機は大戦末期に登場し、また生産数も少ないために実戦での活躍は少ないが、末期の日本陸軍にとり相応の戦力となった。離昇出力は1500馬力と四式戦闘機には及ばないものの空戦能力・信頼性とも当時の操縦士(当時は通常、搭乗員と呼ばれていた。本項では操縦士に統一する)には好評で、連合軍(アメリカ軍)の新鋭戦闘機と十分に渡り合えたと証言する元操縦士も多い。なお本機には正式な制式指示がなく、「陸軍最後の制式戦闘機」でもなければ、制式化されていないが故に「五式戦闘機」と言う名称自体が便宜上のものとする説もある。開発・製造は川崎航空機が行った。設計主務者は土井武夫である。なお、通常川崎内では「きのひゃく」または「ひゃく」、陸軍航空敞では「きひゃく」または「ひゃく」と呼ばれていた。以下、本項では一般的な認知度の高い「五式戦闘機」の呼称を用いる。
dbpedia-owl:aircraftUser
dbpedia-owl:manufacturer
dbpedia-owl:numberBuilt
  • 393 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:type
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 133876 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 30290 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 126 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59248772 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:キャプション
prop-ja:初飛行年月日
  • 1945 (xsd:integer)
prop-ja:名称
  • 川崎 キ100 五式戦闘機
prop-ja:生産数
  • 393 (xsd:integer)
prop-ja:生産開始年月日
  • 1945 (xsd:integer)
prop-ja:用途
prop-ja:画像
  • File:Ki-100-RAF-side.jpg
prop-ja:製造者
prop-ja:設計者
prop-ja:退役年月日
  • 1945 (xsd:integer)
prop-ja:運用状況
  • 退役
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 五式戦闘機(ごしきせんとうき)は第二次世界大戦時の大日本帝国陸軍最後の制式戦闘機とされる軍用機である。キ番号(試作名称)はキ100。略称・呼称は五式戦。「隼」「鍾馗」などと言った他陸軍戦闘機に用いられた日本側愛称は存在しない。また本機固有の連合軍の「Zeke」「Tony」などといったコードネームも存在しない。ただし書類上などでは便宜上「Tony II」とされたことがあったという。製作不良・整備困難などから液冷エンジン、ハ140(またはハ40)の供給不足に陥り、機体のみが余っていた三式戦闘機に急遽空冷エンジン、ハ112IIを搭載し戦力化したものであるが、時間的猶予の無い急な設計であるにもかかわらず意外な高性能を発揮、整備性や信頼性も比較にならないほど向上した。五式戦闘機は大戦末期に登場し、また生産数も少ないために実戦での活躍は少ないが、末期の日本陸軍にとり相応の戦力となった。離昇出力は1500馬力と四式戦闘機には及ばないものの空戦能力・信頼性とも当時の操縦士(当時は通常、搭乗員と呼ばれていた。本項では操縦士に統一する)には好評で、連合軍(アメリカ軍)の新鋭戦闘機と十分に渡り合えたと証言する元操縦士も多い。なお本機には正式な制式指示がなく、「陸軍最後の制式戦闘機」でもなければ、制式化されていないが故に「五式戦闘機」と言う名称自体が便宜上のものとする説もある。開発・製造は川崎航空機が行った。設計主務者は土井武夫である。なお、通常川崎内では「きのひゃく」または「ひゃく」、陸軍航空敞では「きひゃく」または「ひゃく」と呼ばれていた。以下、本項では一般的な認知度の高い「五式戦闘機」の呼称を用いる。
rdfs:label
  • 五式戦闘機
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 川崎 キ100 五式戦闘機
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of