Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 五奉行(ごぶぎょう)は、安土桃山時代の豊臣政権末期に秀吉遺言覚書体制に基き、主に政権の実務を担った浅野長政、石田三成ら5人の政治家(奉行職にあたる)的人物達を指して呼ばれる言葉。当時は「五奉行」などの特定の呼称は存在せず、「奉行」「年寄」などと呼ばれていた。豊臣秀吉の関白就任後の1585年(天正13年、小瀬甫庵『太閤記』)、あるいは1593年に秀吉が病に際して五大老制の設置に伴い置かれたと考えられている。豊臣政権では大谷吉継や小西行長はじめ多くの奉行が行政を担当しており、その中でも特に重要な活躍をした5名が五奉行と呼ばれた。5名という数も定まった数ではなく、秀次事件の影響で浅野長政が一時失脚していた際には長政に代わって宮部継潤と富田一白を加えた6名が奉行を務めたとも言われている(1595年(文禄4年)7月20日(旧暦)付諸将血判起請文)。1600年(慶長5年)に石田三成が五大老の毛利輝元を擁立して関ヶ原の戦いに至ると、長束正家は三成、輝元らの西軍に従軍し、浅野長政は東軍の徳川秀忠の軍に属している。前田玄以、増田長盛の2名は大坂城に在住している。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 40787 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1703 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 44 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59136940 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 五奉行(ごぶぎょう)は、安土桃山時代の豊臣政権末期に秀吉遺言覚書体制に基き、主に政権の実務を担った浅野長政、石田三成ら5人の政治家(奉行職にあたる)的人物達を指して呼ばれる言葉。当時は「五奉行」などの特定の呼称は存在せず、「奉行」「年寄」などと呼ばれていた。豊臣秀吉の関白就任後の1585年(天正13年、小瀬甫庵『太閤記』)、あるいは1593年に秀吉が病に際して五大老制の設置に伴い置かれたと考えられている。豊臣政権では大谷吉継や小西行長はじめ多くの奉行が行政を担当しており、その中でも特に重要な活躍をした5名が五奉行と呼ばれた。5名という数も定まった数ではなく、秀次事件の影響で浅野長政が一時失脚していた際には長政に代わって宮部継潤と富田一白を加えた6名が奉行を務めたとも言われている(1595年(文禄4年)7月20日(旧暦)付諸将血判起請文)。1600年(慶長5年)に石田三成が五大老の毛利輝元を擁立して関ヶ原の戦いに至ると、長束正家は三成、輝元らの西軍に従軍し、浅野長政は東軍の徳川秀忠の軍に属している。前田玄以、増田長盛の2名は大坂城に在住している。
rdfs:label
  • 五奉行
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of