Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 五フッ化アンチモン(ごフッかアンチモン、antimony pentafluoride)は、アンチモンのフッ化物。化学式は SbF5、分子量 216.8。融点 8.3 ℃、沸点 141 ℃ の無色透明の油状の液体で、吸湿性が強い。水と激しく反応してフッ化水素を生じ、ガラスなどを容易に腐食する。人体に対しても非常に有害で危険。五フッ化アンチモンは強力なルイス酸であり、超酸である。他の酸の酸素に接近して電子を強く引き込み、酸性度を強める効果を持つ。特にフルオロスルホン酸との 1:1 の混合物はマジック酸と呼ばれ、炭化水素などもイオン化する。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 445403 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 838 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46849391 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cas登録番号
  • 7783 (xsd:integer)
prop-ja:iupac名
  • フッ化アンチモン
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典
prop-ja:密度
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:式量
  • 216.750000 (xsd:double)
prop-ja:形状
  • 無色油状液体
prop-ja:沸点
  • 141 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • 135 (xsd:integer)
prop-ja:
  • 液体
prop-ja:組成式
  • F5Sb
prop-ja:融点
  • 8.300000 (xsd:double)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 五フッ化アンチモン(ごフッかアンチモン、antimony pentafluoride)は、アンチモンのフッ化物。化学式は SbF5、分子量 216.8。融点 8.3 ℃、沸点 141 ℃ の無色透明の油状の液体で、吸湿性が強い。水と激しく反応してフッ化水素を生じ、ガラスなどを容易に腐食する。人体に対しても非常に有害で危険。五フッ化アンチモンは強力なルイス酸であり、超酸である。他の酸の酸素に接近して電子を強く引き込み、酸性度を強める効果を持つ。特にフルオロスルホン酸との 1:1 の混合物はマジック酸と呼ばれ、炭化水素などもイオン化する。
rdfs:label
  • 五フッ化アンチモン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of