Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 二項定理(にこうていり、binomial theorem)とは、二項式 x + y の冪乗 (x + y)n の展開(二項展開)を表す公式のことである。これは、この展開の一般項 xkyn−k の係数を n と k のみで表す定理であるということもできる。二項定理はペルシアの科学者ウマル・ハイヤームによって発見された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 34469 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 14844 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 60 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58575022 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:first
  • E. D.
  • E.D.
prop-ja:id
  • Binomial_series&oldid=17445
  • Newton_binomial
prop-ja:last
  • Solomentsev
prop-ja:title
  • Binomial series
  • Newton binomial
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 二項定理(にこうていり、binomial theorem)とは、二項式 x + y の冪乗 (x + y)n の展開(二項展開)を表す公式のことである。これは、この展開の一般項 xkyn−k の係数を n と k のみで表す定理であるということもできる。二項定理はペルシアの科学者ウマル・ハイヤームによって発見された。
rdfs:label
  • 二項定理
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:knownFor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:knownFor of
is foaf:primaryTopic of