Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 二階堂 行久(にかいどう ゆきひさ、元久2年(1205年) - 文永3年12月17日(1267年1月13日))は鎌倉時代中期の幕府実務官僚。二階堂行村の子で評定衆。兄弟に二階堂基行、二階堂行義、二階堂行方、二階堂惟行がいる。通称は隠岐四郎左衛門尉、隠岐大夫判官、常陸入道。出家後の法名は「行日」。『吾妻鏡』には寛喜2年(1230年)12月9日から弘長3年(1263年)正月18日まで記載がある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1673279 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 834 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 24718162 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 二階堂 行久(にかいどう ゆきひさ、元久2年(1205年) - 文永3年12月17日(1267年1月13日))は鎌倉時代中期の幕府実務官僚。二階堂行村の子で評定衆。兄弟に二階堂基行、二階堂行義、二階堂行方、二階堂惟行がいる。通称は隠岐四郎左衛門尉、隠岐大夫判官、常陸入道。出家後の法名は「行日」。『吾妻鏡』には寛喜2年(1230年)12月9日から弘長3年(1263年)正月18日まで記載がある。
rdfs:label
  • 二階堂行久
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:spouse of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of