Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 二神 能基(ふたがみ のうき、1943年 - )は大韓民国生まれの学習塾経営者、幼稚園経営者、特定非営利活動法人代表。朝鮮半島の大田市(現在の大韓民国)に生まれ、愛媛県松山市に育つ。愛媛大学教育学部附属小学校を経て、1956年、4期生として愛光学園中学校に入学。愛光学園高校2年生の5月から3月まで白紙答案を出し続け、第2学年の終わりに退学処分を受ける。のち県立上浮穴高校を経て早稲田大学政治経済学部に入学。大学入学の年から学習塾「二神塾」(1955年に父・二神軍四郎が設立)を経営。大学卒業後も塾の経営を続け、愛光学園の受験に強い塾として評価を確立。のち幼稚園「二神塾幼稚舎」を設立。35歳の時、千葉県印旛郡富里村(現在の富里市)に移住。1979年、二神塾の中学部門の運営会社「寺小屋」を設立。1980年、第36回衆議院議員総選挙に当時の千葉2区から無所属で立候補したが最下位で落選している。1999年、NPO法人「ニュースタート事務局」を千葉県浦安市に設立。著書に『希望のニート 現場からのメッセージ』(東洋経済新報社、2005年)、『暴力は親に向かう─いま明かされる家庭内暴力の実態』(東洋経済新報社、2007年)がある。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1295686 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1005 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56923003 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 二神 能基(ふたがみ のうき、1943年 - )は大韓民国生まれの学習塾経営者、幼稚園経営者、特定非営利活動法人代表。朝鮮半島の大田市(現在の大韓民国)に生まれ、愛媛県松山市に育つ。愛媛大学教育学部附属小学校を経て、1956年、4期生として愛光学園中学校に入学。愛光学園高校2年生の5月から3月まで白紙答案を出し続け、第2学年の終わりに退学処分を受ける。のち県立上浮穴高校を経て早稲田大学政治経済学部に入学。大学入学の年から学習塾「二神塾」(1955年に父・二神軍四郎が設立)を経営。大学卒業後も塾の経営を続け、愛光学園の受験に強い塾として評価を確立。のち幼稚園「二神塾幼稚舎」を設立。35歳の時、千葉県印旛郡富里村(現在の富里市)に移住。1979年、二神塾の中学部門の運営会社「寺小屋」を設立。1980年、第36回衆議院議員総選挙に当時の千葉2区から無所属で立候補したが最下位で落選している。1999年、NPO法人「ニュースタート事務局」を千葉県浦安市に設立。著書に『希望のニート 現場からのメッセージ』(東洋経済新報社、2005年)、『暴力は親に向かう─いま明かされる家庭内暴力の実態』(東洋経済新報社、2007年)がある。
rdfs:label
  • 二神能基
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of